投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

三角保ち合いの種類 (ペナント・ウェッジなど)

ペナント型、ウェッジ型など、三角保ち合いにもいくつかの種類があります。いずれも共通することは、時間経過とともに三角保ち合いの幅が狭まっていく点にあります。
  • 三角保ち合いとは
  • 三角型 (直角三角形)
  • ペナント型
  • ウェッジ型

三角保ち合いとは

三角保ち合いとは、上値抵抗線と下値抵抗線が徐々に狭くなっていくチャート形をいいます。保ち合いの過程で三角形を作ることから、三角保ち合いと呼ばれています。

上昇ペナント型

三角型 (直角三角形)

上値抵抗線と下値支持線、いずれか一方のトレンドラインが水平になっているタイプ。

上昇三角型

上昇三角型

上値抵抗線が水平になっているチャートパターンを、上昇三角型という。
必ずしも上抜けするとは限らないので注意が必要。

下降三角型

下降三角型

下値支持線が水平になっているチャートパターンを、下降三角型という。
必ずしも下抜けするとは限らないので注意が必要。

ペナント型

上値抵抗線が下降し、下値支持線が上昇している形。

上昇ペナント型

上昇ペナント型

三角保ち合いが上に放たれるチャートパターン。

下降ペナント型

下降ペナント型

三角保ち合いが下に放たれるチャートパターン。

ウェッジ型

上値抵抗線と下値支持線がいずれも上昇している、または上値抵抗線と下値支持線がいずれも下降している形。

上昇ウェッジ型

上昇ウェッジ型

上値抵抗線と下値支持線がいずれも下降し、最終的に上抜けしている形を上昇ウェッジ型という。

下降ウェッジ型

下降ウェッジ型

上値抵抗線と下値支持線がいずれも上昇し、最終的に下抜けしている形を下降ウェッジ型という。

いずれの三角保ち合いでも共通していることは、上値抵抗線と下値支持線が徐々に狭まっていき、最終的にどちらかの方向へブレイクしているということです。三角保ち合いが形成されていたら、抜けた方向に順張りして付いていくのが定石となります。