投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

株式投資におけるテクニカル分析 (チャート分析)

短期トレードでは、テクニカル分析を用いることでトレードをを有利に運ぶことができるようになる。どれが効く・どれが効かないといった判断は個人の裁量によるところも大きい。
  • テクニカル分析とは
  • 短期トレードには、テクニカル分析が必須
  • テクニカル分析の種類
  • 私が使えると思う手法・使えないと思う手法

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、主にチャート分析によって株価の値動きを予測する方法です。チャート分析では、過去の株価推移を基に、チャートの再現性や法則性、未来の株価チャートを予測します。

一目均衡表

一目均衡表

ライントレード

ライントレード (トレンドライン)

短期トレードには、テクニカル分析が必須

株式投資の基本は業績の良い会社の株を買うことですが、これは短期トレードには当てはまりません

1年以上など比較的長い時間軸で見た場合には、会社の業績と株価チャートは高い相関性を示します。ところが1日や1週間など短い時間軸では、業績の良い会社の株であっても高すぎれば売られ、逆に業績の悪い会社の株であっても安すぎれば買戻しが入ります。

デイトレードなど短い時間軸を主体とする短期トレードにおいて、会社の業績の善し悪しはあまり関係がないのです。

短期トレード予想で必須となる「高すぎる・安すぎる」という判断は、テクニカル分析(チャート分析)によって補完されます。ファンダメンタル分析においても、株価の割高・割安判断を行うPERやPBRなどの株価指標がありますが、こちらはテクニカル分析よりもアバウトで、どちらかといえば長期トレード向きの指標です。

短期トレードのモノ差し

テクニカル分析の種類

テクニカル分析には様々な手法があります。移動平均線や一目均衡表など各種テクニカル指標を用いた手法、トレンドラインなどのライントレード、チャート形状から押し目や抵抗帯を探る手法、チャート相関性を利用して出遅れ銘柄を狙う手法、ローソク足の形状をシグナル判断とする手法など、私が知っている範囲だけでもこれだけの分析手法があります。

私が使えると思う手法・使えないと思う手法

上記のようにテクニカル分析には様々な手法があり、どれが効く・どれが効かないといった判断は個人の裁量によるところも大きいです。ひとつひとつの手法を突き詰めるには数年単位の時間が掛かるため、本当に機能する手法を探し出すには膨大な時間が必要になってきます。せっかく何年も掛けてテクニカル分析を学んだのに「壮大な釣りでした」では目も当てられない。

あくまで一個人の意見として留めておいて欲しいですが、テクニカル分析に対する私の持論や優先順位を以下にまとめています。