投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

1株単位で取引できるプチ株・まめ株とは (単元未満株)

プチ株・まめ株とは、上場株式を1株単位で購入できる少額投資サービスです。プチ株・まめ株・ワン株・S株など、証券会社によってその名称が異なります。
  • 単元株のおさらい
  • プチ株・まめ株とは
  • 類似商品 (株式ミニ投資)

単元株のおさらい

国内の上場株式では売買単位(単元株式数)が決まっており、その売買単位でしか購入することができません。

(例)三菱UFJフィナンシャルグループ
売買単位

例えば売買単位が100株の場合、100株刻みでしか購入できません。(100株、200株、300株・・・)

単元株制度

株主は、1売買単位(1単元株)につき1票の議決権を持つことができ、株主総会で議決権の行使をすることができます。例えば売買単位が100株の株式を300株保有している場合では、3票の議決権を有することになります。配当金や株主優待の受け取り権利についても、単元株ごととしている場合が多い。

単元未満株

1売買単位(1単元株)に満たない株式を単元未満株という。通常、1売買単位に満たない株数での購入は認められていないが、少額投資サービスを利用することで単元未満株を購入することができるようになる。

イラスト

プチ株・まめ株とは

プチ株・まめ株とは、上場株式を1株単位で購入できる少額投資サービスです。

名称は証券会社によって異なる

このサービスは証券会社によってその呼び名が異なります。基本内容はほとんど同じですが、売買手数料や約定時間などは各証券会社によって異なります。

1株単位で取引できる単元未満株サービス
証券会社 名称
カブドットコム証券 プチ株
野村証券 まめ株
マネックス証券 ワン株
SBI証券 S株

1株単位で購入できるのが最大の強み

プチ株・まめ株の最大の強みが、上場株式を1株単位で購入できることです。これにより、少額投資家でも気軽に株式投資を始めることができ、また株式の分散投資が容易になります。

プチ株・まめ株のメリット・デメリット

メリット
  • 少額投資家でも株式投資ができるようになる。
  • 分散投資が容易になる。
  • (議決権はないが、配当金は持ち分に応じて分配される)
  • (株式の名義人になることができる)
  • (ほぼすべての上場株式が対象)
デメリット
  • 単元未満株であるため、議決権はない。
  • 約定時間が固定。 (株式市場の前場始値または後場始値)
  • 少額投資であるがゆえに、手数料の割合が高くなる傾向にある。

株数の単位が小さくなるので必然、1回の約定が増えて手数料も増える傾向にあります。議決権はありませんが、配当金は持ち分に応じて分配されます。約定時間を指定できないことを除けば、なかなか優秀なサービスだと思います。

類似商品 (株式ミニ投資)

プチ株・まめ株の類似商品として、株式ミニ投資があります。株式ミニ投資では、1売買単位(1単元株)の10分の1単位で取引ができます。プチ株・まめ株と同様、少額投資サービスのひとつになりますが、プチ株・まめ株のサービスの方が優秀なので、存在意義が薄れている現状があります。