投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

空売りの仕組みを分かりやすく紹介 (信用売り)

現物取引では株を買うことからしか始められませんが、空売り(信用売り)を利用することで、売りから始めることが可能になります。(暴落相場でも儲けることができる)
最終更新日 2019/08/03
  • 空売り(信用売り)ってどうなってるの?
  • 信用取引の基本
  • 空売り(信用売り)の仕組み
  • まとめ

空売り(信用売り)ってどうなってるの?

株の信用取引やFX・CFDなどの差金決済取引では、売りから入って買い戻すという行為ができます。

要するに「売りスタート」ができるということなんですが、「売りから入るって何なん?」って疑問に思われる投資初心者も多いかと思います。

ここでは株の空売り(信用売り)を例に、「売りから入る行為」について学んでいきたいと思います。

信用取引の基本

株の信用取引とは、証券会社や証券金融会社から買付資金・売付株券を借りて行う取引をいいます。

証券会社や証券金融会社からは現金や株券を借りることができるため、借りた現金を使って元手以上の取引(レバレッジ取引)ができたり、元々自分が持っていない株券を借りて空売りすることができます。

空売り(信用売り)の仕組み

空売り(信用売り)の仕組みを分かりやすく紹介していきます。(分かりにくかったらゴメンナサイ)

1. 証券会社から株券を借りる

信用売り1

売りスタートしたいけど、自分はその株券を持っていないので、証券会社から株券を借ります。

2. 借りた株券を売る (売りスタート)

信用売り2

証券会社から借りた株券を市場で売却して現金を得ます(売りスタート)。上の例では、証券会社から借りた時価100万円の株券を売って100万円の現金を得ています。

3. 株価が値下がりしたので、売った株券を買い戻す

信用売り3

予想していた通り株価が下がったので、値下がりした株券を買戻します。上の例では、時価80万円にまで下がった株券を現金80万円で買戻しています。

4. 株券を証券会社に返す

信用売り4

株券は元々証券会社から借りているものなので、借りている株券を証券会社に返却します。一連の売買で、差額として現金20万円を得ることに成功しました。(100万円-80万円=20万円GET!

まとめ

現物取引では株を買うことからしか始められませんが、空売り(信用売り)を利用することで、売りから始めることが可能になります。(暴落相場でも儲けることができる

以上が空売り(信用売り)の仕組みです!

ちなみに仕組みを理解できなくても株取引に支障はありません。信用取引を利用すれば売りからでも入れること・暴落相場でも売り叩けることが解れば十分です。

※暴落相場で売方があまりにも多い場合、証券金融会社が「売るための株券」を調達するのに掛かるコストが高騰することがあるので注意。(品貸料)