投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

初心者はどんな株式銘柄を選んだらいいの? 株式銘柄の選び方

銘柄の選び方、銘柄選びの基本について、株式投資初心者にも分かりやすく紹介します。
  • 銘柄選びの基本
  • 長期的な成長が見込める業種・銘柄を選ぶ (成長株投資)
  • 不景気こそ株を仕込むチャンス
  • 配当メインの投資であれば、安定株を買うのがベター

銘柄選びの基本

銘柄選びの基本は、長期的に業績を伸ばし続けている企業の株を長期保有することです。

業績が伸びてる会社

毎年安定した業績(営業利益や当期純利益)を上げ続けている企業の株価は、長期的には上昇し続けます。景気動向や突発的なニュースによる乱高下の影響はあるにせよ、長期的な視点(5年以上)に立てば安定して上がり続けます。

銘柄選びの基本
  • 業績の良い企業の株を買うこと。
  • そしてその株をずっと持ち続けること。

これが株式投資の超基本になります。

長期的な成長が見込める業種・銘柄を選ぶ (成長株投資)

株式投資の理想は「成長株投資」です。できるできないはまず置いておいて、長期的な成長が見込める業種・銘柄を選ぶのが株式投資の理想でもあり王道です。

ただ、成長株投資はかなり難しい印象があります。そもそも長期的に安定して業績を伸ばし続けている企業を探すのこと自体が非常に困難であり、またそのような優良企業を見つけてもすでに投資資金が集まっていて株価が高止まりしていることも多々あるからです。

また今は業績が好調でも、例えば10年後20年後にも安定産業として存続しているかどうかを見極めるには高い先見性が必要になってきます。経営者の能力や経営戦略を適正に見極める眼力やセンスも要ります。

私も成長株投資は不得意で、株式初心者にもあまりオススメできない手法だと思っています。理想論だけいえば「成長株投資」が王道なんですがねぇ

不景気こそ株を仕込むチャンス

景気には「好景気」「不景気」の波があり、それに連動して株価も上下運動をしています。

日経平均株価(日経225)

基本的に人間が生産活動を行っていれば株式時価総額がゼロになることはないので、例えば日経平均株価が0円になることも通常あり得ません。(生産人口がゼロになったり、国家が滅びる以外には)

リーマンショックのような世の中が不況でヒィヒィ言っているときに、10年後20年後を見越して安値で株を仕込むことができれば、株で損することはほぼありません。(不景気こそ株を仕込むチャンス)

もちろん倒産リスクまで考慮して複数銘柄に分散投資しましょう。

配当メインの投資であれば、安定株を買うのがベター

もっと消極的な投資方法として、安定株投資があります。

株式投資で利益を上げる方法には、「1.値上がり益」と「2.配当金」があります。基本的に値上がり益による損益影響の方が大きいため、私も含めて投資家の多くは値上がり益を狙いに行きます。

値上がり益(キャピタルゲイン)
配当金(インカムゲイン)

安定株は景気動向の影響を受けにくいため、株価が変動しにくい特徴があります。配当金メインの投資に向いているということです。

先述のように投資の基本は値上がり益狙いであるため、そういった意味で安定株投資による配当金狙いを消極的な投資方法と私は呼んでいます。安定株投資だと「安値で仕込もう」という気持ちも薄れるので、個人的にはあまり好きではありません。

ただ景気敏感株の場合、「不況になるまで待つ」という時間的ロスがかなり大きいので、潤沢な資金があるお金持ち投資家は安定株投資で配当金生活を送るのも良いかもしれませんね。

1. 株の銘柄選び (基本)
サムネ画像 初心者はどんな株式銘柄を選んだらいいの? 株式銘柄の選び方