投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

銘柄検索を使いこなそう!

銘柄検索を使えば、配当利回りの高い企業、自己資本比率の高い企業、赤字経営の企業、ROEの高い企業などを簡単に検索することができます。
  • 便利な銘柄検索 (スクリーニング機能)
  • 銘柄スクリーニング活用術 (例1)
  • 銘柄スクリーニング活用術 (例2)
  • 株主優待検索もできる

便利な銘柄検索 (スクリーニング機能)

証券会社で口座開設すると、便利な銘柄検索を無料で使えるようになります。

スクリーニング機能 スクリーニング機能

私も銘柄検索をするときは、銘柄スクリーニングを利用しています。(※スクリーニング=条件検索)

ではこの銘柄スクリーニング、一体どんなときに役に立つのでしょうか。これから銘柄検索の活用例を簡単に紹介していきたいと思います。

銘柄スクリーニング活用術 (例1)

皆さんが探したい銘柄は何でしょうか。銘柄スクリーニングでは、例えば以下のような検索を掛けることができます。

  • 配当利回りの高い銘柄を検索したい。
  • 黒字経営・赤字経営の企業を検索したい。
  • 年初来最高値・年初来最安値を更新した銘柄を検索したい。
  • 特定の業種について、時価総額順に検索したい。

配当利回りが2%以上の銘柄を検索してみる

では実際に、東証一部、東証二部、マザーズ、JASDAQの上場銘柄から、配当利回りが2%上の銘柄を検索してみましょう。業種は安定株(ディフェンシブ株)に属する食料品を選択してみます。

スクリーニング機能

食料品を取り扱う業種の中で、配当利回りが2%を超えている企業を検索することができました。

銘柄スクリーニング活用術 (例2)

企業分析や株価指標の意味を知っている人は、ROEなどの指標数値で検索を掛けることもできます。例えば以下のような検索を掛けることができます。

  • 自己資本比率が40%以上の企業を検索したい。
  • ROEが10%以上の企業を検索したい。
  • PBRが1.0未満の企業を検索したい。

ROEが10%以上の企業を検索してみる

東証一部、東証二部、マザーズ、JASDAQの上場銘柄から、ROE(自己資本利益率)が10%以上の企業を検索してみましょう。業種は輸送用機器を選択してみます。

スクリーニング機能

輸送用機器メーカーの中で、ROEが10%以上の企業を検索することができました。

株主優待検索もできる

株主優待検索を使うと、例えばクオカードなどの金券類が貰える企業を検索することもできます。

株主優待検索

権利確定月が3月,9月の株主優待を検索。種類は金券類。3,000円分のクオカードを貰える企業もあり、配当金と合わせればかなりの高額収入を狙えることも。不労所得に最適ですね。