投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

株式累積投資(るいとう)とは

一見すると普通の積立預金のように思えますが、株式に投資する性質上、株式累積投資には面白い特徴があります。
  • 毎月一定額を積み立てていく投資商品
  • 特徴としては、ドルコスト平均法と同じ性質をもつ
  • 株式累積投資のメリット・デメリット

毎月一定額を積み立てていく投資商品

株式累積投資(るいとう)とは、自分が選んだ銘柄を毎月一定額ずつ(1万円以上1,000円単位)積み立てで購入していく投資商品です。

証券会社が指定する株式銘柄の中から選ぶ「株式積立(株式るいとう)」、証券会社が指定する投資信託の中から選ぶ「投信積立(投信るいとう)」があります。(※名称については各証券会社で異なります)

「一定株数」ではなく「一定額」というところがポイントです。

特徴としては、ドルコスト平均法と同じ性質をもつ

一見すると普通の積立預金のように思えますが、株式に投資する性質上、株式累積投資には面白い特徴があります。

株式累積投資の特徴

株式累積投資では、「一定株数」ではなく「一定額」を毎月積み立てていきます。株価は常に変動しているため、株価が安い月にはより沢山の株数を購入することができ、逆に株価が高い月には少ない株数の購入に留まります

株式累積投資の特徴

これはドルコスト平均法と呼ばれる投資法と同じ積み立て方式で、価格変動リスクを伴う株式投資において、株式の平均購入単価を安く抑える手法として知られています。(株価が上がったときに利益を上げやすい)

長期投資において有名な手法なのだ

株式累積投資のメリット・デメリット

株式累積投資のメリット・デメリットについて。

メリット
  • 評価損リスクが低い。ドルコスト平均法と同じ投資法になるため、株価が安いときには株数を多く買うことができ、株価が高くなれば買える株数が減る。(株式の平均購入単価が安くなる手法
デメリット
  • 株式累積投資を投資商品として取り扱っている証券会社が少ない。ただし、自分でドルコスト平均法を用いた株式購入を行えば、セルフ株式累積投資のような買い方はできる。(毎月一定額分を買う手間が面倒だが)
  • 単元未満株も含んだ購入になるため、配当金を受け取る権利や株主優待を受け取る権利を満たす株数に達するのに時間が掛かる場合もある。
  • 手数料が割高になる傾向にある。(約定回数が増えるため)

一応、プチ株・まめ株を利用してセルフ株式累積投資みたいなこともできるので、株式累積投資を取り扱っている証券会社が少なくても再現すること自体はできます。

株式累積投資を知って利用するというよりも、株式累積投資の特徴やドルコスト平均法を学べたことの方が、この記事の意義として収穫があると思います。