投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

ROA(総資本利益率)とは?

ROAとは、総資本利益率のことです。貸借対照表にある総資本と総資産の金額は同じであるため、総資産利益率とも呼ばれています。ROA=ROE×自己資本比率。
  • ROAとは?
  • ROAの計算式
  • なぜROAを算出するのか? (目的)
  • 実際にROAを計算してみよう!
  • ROAはどのくらいあると良いのか? (目安)
  • ROAを高くする方法
  • ROAとROEの違い、関係性

ROAとは?

ROAとは、総資本利益率のことです。(ROA:Return On Assetsの略)

貸借対照表にある総資本と総資産の金額は同じであるため、総資産利益率とも呼ばれています。

ROAの計算式

ROAは以下の計算式から算出されます。

ROA(%) = 当期純利益 × 100
総資本(期首・期末平均)
  • 総資本には期首・期末の資本を平均した平均資本を用います
  • 総資本=総資産

なぜROAを算出するのか? (目的)

ROAは、企業のお金(資本)がどれだけ効率的に使われたかを表す指標として用いられます。

一般にROAが高いほど、企業収益性が高いと判断されます。(後述)

実際にROAを計算してみよう!

ROAは会社四季報や証券会社で口座開設すると簡単に確認できますが、実際に手計算してみましょう。

ROAの計算方法

ROAの総資本(総資産)には、厳密には期首・期末平均の平均資本を用いますが、ここでは直近の総資本を代用して計算します。2017年3月期の連結決算から、連結ROAを算出してみます。

ROA(%) = 当期利益 ×100 = 114,940 ×100 = 2.6 (%)
総資本 4,345,922

会社四季報にある連結ROA(2.6%)と計算結果が一致しました。今回の計算では直近の総資本を代用しているため、平均資本との差によっては、計算結果が一致しないこともあります。

ROAはどのくらいあると良いのか? (目安)

ROAは1~2%程度が普通で、5%を超える場合には優良企業と判断されます。

ROAを高くする方法

ROA(%) = 当期純利益 ×100
総資本(期首・期末平均)

計算式から分かるように、ROAを高くする方法には以下があります。

1. 当期純利益を増やす

業績の良い会社・当期純利益が伸び続けている会社はROAが高く推移します。(優良企業)

2. 総資本(総資産)を減らす

総資本(総資産)を減らす

総資本(総資産)を減らす方法としては、不要な資産を売却して株主に還元するなどの方法がります。(使っていない古い建物を売却する、固定資産を減らすなど)

ROAとROEの違い、関係性

ROA(総資本利益率)とROE(自己資本利益率)には、以下の関係式が成り立ちます。

ROA(%)= ROE(%) × 自己資本比率

もう少し詳しく見ていきましょう。

ROA(%) = ROE(%) × 自己資本比率
= 当期純利益×100 × 自己資本
自己資本 総資本
= 当期純利益×100
総資本

ROAとROEの関係式からも分かるように、ROAはROEに自己資本比率を掛け合わせたものとなります。自己資本比率は企業の財務健全性を図る上で重要な指標であり、自己資本比率が低いと倒産リスクも高まります。ROAは、ROEだけでは不透明だった負債(他人資本)も考慮した計算値であることが分かります。