投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

初心者にもできる、その会社の価値を判断する方法

株価(というか時価総額)は、会社の解散価値(純資産)に、事業価値という目に見えないものが乗っかって決まっています。
  • 会社の株価(価値)はどのように決まるのか
  • 純資産と時価総額を比較すれば、株価が高いのか安いのかが分かる
  • PBRが1.0よりも小さい株は超割安 (ただし投資リスク高)

会社の株価(価値)はどのように決まるのか

「その会社の株価はどのように決まっているのか」についてですが、株価は大きく「事業価値」と「解散価値(純資産)」で決められています。(※私の考え方)

株価

株価(というか時価総額)は、会社の解散価値(純資産)に、事業価値という目に見えないものが乗っかって決まっています。解散価値(純資産)は、預金・建物・土地など会社が持っている資産から負債を引くことで計算できます。(※貸借対照表から計算が可能)

ちなみに会社の価値を語るときには、株価よりも時価総額(株価×発行済株式総数)で考えた方が良いです。時価総額は、仮にその会社が発行している株式全部を市場で売却した場合に、代金として得られるお金の総額と考えていいです。

時価総額(円)=現在の株価×発行済株式総数
  • その会社が株式市場において評価されている価値の総額

事業価値は曖昧

その会社の価値を決める要素の一つである「事業価値」は、例えばその会社の事業に将来性が見込めたり、その業界全体が潤っていたり、何となく将来的にも安泰だろうなど、投資家の心理によって決められている価値なのでかなり曖昧です。(数値化できない)

会社の持っている純資産は計算できる

もう一つの会社の純資産については、貸借対照表を見れば計算ができます。

貸借対照表

預金・建物・土地など会社が持っている資産から負債を引いた残りが純資産で、これが金額で表せる会社の純粋な価値になります。この純資産は、経営者が会社を解散させるときに株主に返還されるお金のことでもあり、解散価値とも呼ばれます。

純資産と時価総額を比較すれば、株価が高いのか安いのかが分かる

この純資産の部分と、現在の時価総額(株価×発行済株式総数)を比較すれば、現在の株価が相対的に割安なのか割高なのかの判断に利用することができます。

時価総額 = ?
純資産
  • 時価総額=現在の株価×発行済株式総数

ちなみにこの計算式はPBR(株価純資産倍率)と呼ばれるもので、株価の割安・割高判断に使われます。一般にも広く使われている指標なので、覚えておくと便利です。

時価総額が1,000万円、純資産も1,000万円だった場合、

PBR(倍) = 時価総額 = 1,000万円 = 1.0
純資産 1,000万円
  • 小数点第一位までで表現することが多いです

PBRが1.0よりも小さい株は超割安 (ただし投資リスク高)

PBRが1.0を下回る株式は、元々その会社が持っている純資産よりも、株価の方が安いことを意味しています。

これは買うだけでお買い得とも考えられますが、逆に考えるとそれだけ会社に価値がないと見なされていることでもあります。

普通に考えれば、株価は事業価値と純資産から導き出されてるものなので、PBRが1.0を下回る株式は、それだけ会社に魅力がない・将来性がない・何か不安要素を抱えているということになります。

PBRが1.0を下回る株式

PBRが1.0を下回っている会社については、業績が赤字続きだったり、衰退産業だったり色々考えられるので、その会社の事業内容や業績に目を通す必要があります。また、世界的な景気動向が悪くて株式市場全体の時価総額が減少しているときにも、PBRが1.0を下回る会社は増加すると思われます。(こういう場合は投資のチャンス)

いずれにせよ、その会社のおおよその価値を判断するときには、PBRという指標は非常に便利です。私も銘柄検索のときに活用しています。

PBRが1.0よりも低いと投資リスクが高まるので避けた方が無難だが、PBRが高すぎる場合、現在の株価が割高に推移していることを意味する。

こんな感じのイメージで銘柄検索しています。PBRが1.0未満の銘柄は基本的に触りませんが、バリュー株投資のように、本来その会社に将来性が見込めるのに、注目されていないために投資資金が集まっていないような株を見つけるときには有効だと思います。(当たったときのリターンもかなり大きい)