投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

最低限知っておきたい株の注文方法 (指値・逆指値・成行)

指値注文と成行注文との違い、指値注文と逆指値注文との違いなど、株取引の基本となる注文方法について分かりやすく紹介します。
  • 株の注文方法で最低限知っておきたいもの
  • 指値注文と成行注文の違い
  • 指値注文と逆指値注文の違い
  • 異なる2つの注文を出せるOCO注文

株の注文方法で最低限知っておきたいもの

株の注文方法には種類がいくつありますが、その中でも最低限知っておきたい注文方法について最初に学びましょう。

指値注文 価格を指定して行う注文。株を買いたい場合には、現在価格よりも安い価格で指値注文を入れるのが原則。株を売りたい場合には、現在価格よりも高い価格で指値注文を入れるのが原則。
指値注文
逆指値注文 価格を指定して行う注文。株を買いたい場合には、現在価格よりも高い価格で逆指値注文を入れるのが原則。株を売りたい場合には、現在価格よりも安い価格で逆指値注文を入れるのが原則。
逆指値注文
成行注文 価格を指定しないで行う注文。いくらで約定させるかということよりも、いくらでもいいからとにかく約定させるという目的で使用される。

指値注文と成行注文の違い

はじめに指値注文(逆指値注文)と成行注文との違いから区別していきましょう。

指値注文と成行注文の違いは「価格を指定するかしないか」です。指値注文は価格を指定する注文方法なので、サラリーマンなど日中リアルタイムで株取引ができない人が予約注文するのに適しています。出勤前に株価を見て、「この価格で約定して欲しいな」と指値を仕込んでから出勤するなどの活用方法があります。

一方成行注文は、株のデイトレード・スキャルピングトレードなど素早く株取引を行うのに適しています。いちいち価格を指定して注文する手間が掛からないため、高速取引を行いたい人向けに重宝する注文方法です。

指値注文と成行注文

また、成行注文の方が指値注文より優先されるため、例えばパニック相場で株が暴落しているときなど、とにかく確実に売り抜けたい・手放したい時に成行注文は力を発揮します。

指値注文と逆指値注文の違い

株取引初心者の人が混乱してしまうのが、指値注文と逆指値注文の違いです。

指値注文

指値注文は株を買いたい時には現在価格よりも安い価格で注文を入れ、株を売りたい時には現在価格よりも高い価格で注文を入れるのが原則です。「何で?」と疑問に思われる人も居ると思いますが、最初はそういう決まり事として覚えてしまった方が早いです。

指値買い 指値売り

逆指値注文

逆指値注文は株を買いたい時には現在価格よりも高い価格で注文を入れ、株を売りたい時には現在価格よりも安い価格で注文を入れるのが原則です。

逆指値買い 逆指値売り

どういう時に逆指値注文を使うのか?

持っている株を売りたい場合を考えます。
将来の株価がさらに高くなると予想して売り注文を入れる時には、指値売り注文を使えばOKです。

指値売り

ところが将来の株価が下落してしまうと予想して売り注文を入れる時には、逆指値売り注文を使うことで損失を限定させることができます。(ストップロス)

逆指値売り

指値注文の場合、原則として現在よりも安い価格で売り注文を入れることができないため、損失を防ぐためのストップロス注文には、逆指値注文(売り)を使います。

何も考えずに「この価格で売りたい」と注文を出すことはできないのです。売り注文を出す際には、必ず指値注文か逆指値注文かを選択してから、売りたい価格を指定します。

異なる2つの注文を出せるOCO注文

では、上記の売り注文を2つ同時に出したい場合にはどうするのか?

こういった時に役立つのが、指値注文と逆指値注文の2つを同時に発注できるOCO注文です。OCO注文では、株価が上がった場合の指値売り注文と、株価が下がった場合の逆指値売り注文を同時に発注することができます。

2. 注文方法の種類
サムネ画像 最低限知っておきたい株の注文方法 (指値・逆指値・成行)