投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

10分の1単位で取引できる株式ミニ投資とは (単元未満株)

株式ミニ投資とは、1売買単位(1単元株)の10分の1単位で取引できる少額投資サービスです。単元未満株となるので議決権はありません。(ただし10倍買えばOK)
  • 単元株のおさらい
  • 1売買単位の10分の1単位で取引できる株式ミニ投資
  • プチ株・まめ株の登場により絶滅寸前!?

単元株のおさらい

国内の上場株式では売買単位(単元株式数)が決まっており、その売買単位でしか購入することができません。

(例)三菱UFJフィナンシャルグループ
売買単位

例えば売買単位が100株の場合、100株刻みでしか購入できません。(100株、200株、300株・・・)

単元株制度

株主は、1売買単位(1単元株)につき1票の議決権を持つことができ、株主総会で議決権の行使をすることができます。例えば売買単位が100株の株式を300株保有している場合では、3票の議決権を有することになります。配当金や株主優待の受け取り権利についても、単元株ごととしている場合が多い。

単元未満株

1売買単位(1単元株)に満たない株式を単元未満株という。通常、1売買単位に満たない株数での購入は認められていないが、少額投資サービスを利用することで単元未満株を購入することができるようになる。

イラスト

1売買単位の10分の1単位で取引できる株式ミニ投資

株式ミニ投資とは、1売買単位(1単元株)の10分の1単位で取引できる少額投資サービスです。例えば先例の三菱UFJフィナンシャルグループの場合、売買単位は100株なので通常100株刻みでしか購入できませんが、株式ミニ投資を利用すれば10株刻みで取引できるようになります。ただし10株刻みなので、単元株の100株になるまでは議決権がありません。(単元未満株)

株式ミニ投資のメリット・デメリット

メリット
  • 少額投資家でも株式投資ができるようになる。
  • 分散投資が容易になる。
  • (議決権はないが、配当金は持ち分に応じて分配される)
デメリット
  • 単元未満株であるため、議決権はない。
  • 株式の名義人になることはできない。 (名義人は証券会社)
  • 約定時間が固定。 (株式市場の始値)
  • 扱っている銘柄が証券会社ごとに限定される。
  • 扱っている証券会社自体が少ない。
  • 少額投資であるがゆえに、手数料の割合が高くなる傾向にある。

単元未満株なので議決権はありません。ただし配当金に関しては持ち分に応じて分配されます。10倍購入すれば単元株となって名義が顧客側に移行され、議決権などの株主権利が発生しますが、それではもはや株式ミニ投資としての意義が失われます。(普通に単元株を買えばいいだけの話になってしまう)

プチ株・まめ株の登場により絶滅寸前!?

株式ミニ投資に似たサービスとして、プチ株・まめ株などの単元未満株サービスがあります。

株式ミニ投資 1売買単位の10分の1単位
プチ株・まめ株など 1株単位

プチ株・まめ株などの単元未満株サービスは、1株単位での取引ができるようになります。株式の最小単位で取引できるサービスの登場によって、株式ミニ投資の存在意義が薄れています。

現に国内のネット証券では、プチ株・まめ株などの単元未満株サービスが主流になってきています。