投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

信用取引とは? (超基本)

信用取引制度を利用することで、通常の株取引(現物取引)では実現できなかった様々な売買が可能になります。
  • 信用取引とは
  • 現物取引と信用取引の違い
  • 注意事項

信用取引とは

信用取引とは、私たち投資家が証券会社に担保となる保証金(委託保証金)を差し入れることで、元手以上の取引を可能にする制度です。FXやCFDの基本原理である証拠金取引(レバレッジ取引)と同じものだと考えると分かりやすいですね。また信用取引のもう一つの特徴として、売りからでも入れるようになるという特徴があります(空売り)。

信用取引
信用取引の特徴
  • 元手以上の取引ができる。(最大レバレッジ3倍程度)
  • 売りからも入れるようになる。 (空売り)
保証金取引

ちなみに担保とする委託保証金は現金だけでなく、株券などの有価証券も担保とすることができます。(代用有価証券といいます)

現物取引と信用取引の違い

信用取引制度を利用することで、通常の株取引(現物取引)では実現できなかった様々な売買が可能になります。

現物取引と信用取引の違い
現物取引 信用取引
保証金取引 × 最大約3.3倍まで
売買区分 新規買い 新規買い・新規売り
売買制限 同銘柄を1日1回まで 無制限
議決権 あり なし
配当金 あり 売方が買方に対して配当落調整金を支払う
株主優待 あり なし
手数料 約定手数料のみ 約定手数料のほか、貸付金利や貸株料など諸経費が掛かる

元手以上の取引ができる (保証金取引)

信用取引では、顧客が証券会社に一定の委託保証金を預けることで、元手以上の取引が可能になります。委託保証金に関する具体的な決まりには以下があります。

  • 最低30万円の委託保証金が信用口座に預けられていること。
  • 約定価格の30%の金額で株券購入できる。(最大レバレッジ約3.3倍)
保証金取引

信用取引を利用するには30万円の委託保証金を信用口座に預けておけばよく、また、現物取引で100万円掛かる株券も30万円で買えるようになります。(最大レバレッジ約3.3倍)

売りからでも入れる (空売り・信用売り)

現物取引は株券を購入することから始まります。(買いからしか入れない)

一方信用取引では、持っていない株券を証券会社に借りて、株価が値下がりしたところで返却することで、値下がりした分の差額を得ることができます。

① 株券を借りる (時価100万円分の株券を借りる例とする)
信用売り1
② 市場で売る (内部的には、株券を借りたと同時に市場で売ってる感じ)
信用売り2
③ 株価が安くなったので買い戻す
信用売り3
④ 証券会社に株券を返す
信用売り4

これが信用売り(空売り)の仕組みです。

同銘柄を1日に何度も売買できる (回転売買)

意外に知らない人も多いようですが、現物取引では、基本的に同一銘柄については1日の売買回数に制限が設けられています。1日の売買回数制限は、「買い→売り」の1往復限りです。(差金決済取引の禁止)

例えばトヨタ自動車の株券を当日購入して当日売却してしまった場合、もうその日に新たにトヨタ自動車の株券を買い直すことはできません。(買い→売りの1往復限り)

信用取引ではこの「買い直し」「売り直し」行為を1日の中で何度も行うことができます。(回転売買)

現物取引は制限が多いのだ

注意事項

信用取引を行う上で知っておきたい注意事項をまとめました

  • 手数料が別途掛かる。 (株の購入代金や、売るための株券を借りているため)
  • 返済期限がある。 (6ヶ月以内に取引を完結させるなど)
  • 配当金の支払いについては、配当落調整金が発生する。(売方から買方に調整金が支払われる)
  • 株主優待は受け取れない。

基本的に信用取引は、資金のない投資家がレバレッジを掛けて売買したり、取引機会を増やすことが目的なので、主にデイトレーダーなどの短期投資家が積極利用している制度です。配当金や株主優待を主目的とした長期投資家が信用取引を行うメリットはあまりありません。

売却益(キャピタルゲイン)でモリモリ儲けたい短期トレーダー向きってことですね!