投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

価格変動リスクを抑えた「つなぎ売り」で、株主優待GET!

金券狙いでつなぎ売りをしても、売買手数料が結構掛かってしまうので差し引き利益は少ないと思います。それよりも、お金で測れない価値のある株主優待を狙った方がいいように思います。
  • 「つなぎ売り」とは?
  • 「つなぎ売り」のやり方
  • 「つなぎ売り」での注意点

「つなぎ売り」とは?

「つなぎ売り」とは、現物買いと信用売りのポジションを同時に保有して価格変動リスクを相殺し、株主優待だけを確実に受け取る手法です。

配当金や株主優待は、その株式を保有したまま権利付最終日を終えることで受け取り権利が発生します。(権利付最終日の1日だけ保有するのもアリ)

権利付最終日の翌営業日(権利落ち日)には配当金・株主優待目当ての短期投資家がその株式を売却する動きが強まるため、株価が下落する傾向にあります。

権利落ちと株価下落

そのため、配当金・株主優待目的で権利付最終日の1日だけ株式を保有しても、翌営業日に手放す時には株価の値下がり損を喰らうリスクが高まってしまいます。そういった価格変動リスクを抑える手法が、「つなぎ売り」です。

「つなぎ売り」のやり方

価格変動を相殺するには、同銘柄の株券を同数だけ購入する必要があります。

つなぎ売り

具体的には、現物口座でA銘柄の株券を300株だけ現物買いし、信用口座でA銘柄の株券を300株だけ信用売りします。

信用売りでは1日毎に貸株料が掛かるため、つなぎ売りを行うのは権利付最終日の1日だけがよい。(権利付最終日に現物買い・信用売りポジションを持って、翌営業日の権利落ち日に手仕舞いしてしまう方法がベスト)

株主優待は保有株式数に応じて品物が変わる場合もあるため、株主優待を受け取るための必要株式数を事前に確認するようにしましょう。

株主優待

また、株主優待の受け取り権利発生日を個別に設けている会社もあるので、どの時点で株券を保有していれば株主優待を受け取れるのかは必ず確認するようにしましょう。

「つなぎ売り」での注意点

配当金

配当落調整金の関係上、つなぎ売りで配当利益を上げることはできません。

配当落調整金とは、信用売りを行っている側が支払う調整金のことです。つなぎ売りの場合、現物買いによる配当金を受け取れても、信用売りによる配当落調整金が発生してしまうので相殺されてしまう。

売買手数料など別途掛かる

つなぎ売りは、売却益・配当金には期待できないため、純粋に株主優待だけを狙いに行く手法になります。そのため、株主優待の価値よりも売買手数料が高くなってしまっては意味がありません。売買手数料として掛かるコストには以下があります。

現物買い約定手数料 往復200円~400円くらいが相場。(証券会社による)
信用売り約定手数料 往復200円~400円くらいが相場。(証券会社による)
貸株料 証券会社から借りる貸株の手数料。年利1~2%程度が相場。(証券会社による)
貸株料を抑えるには、権利付最終日につなぎ売りポジションを持ち、翌営業日の権利落ち日に手放すのが定石。この場合、2日分の貸株料が掛かる。年利1%の場合、貸株料=売建玉約定価格×1%×2日÷365日
品貸料(逆日歩) 制度信用取引を利用した場合に掛かる貸株調達コスト。売方が多い場合、調達コストが高くなる傾向にある。一般信用取引ならばこの費用は掛からない。
配当落調整金 信用取引の売方が買方に支払う調整金。制度信用取引の場合は配当金額の84.685%を、一般信用取引の場合は配当金額の100%を売方が負担。つなぎ売りでは現物買いによる配当金も発生するため、ある程度は相殺できるが、現物買いの配当金には20.315%の源泉税が掛かるので、差し引きで最大20%程度の配当金額を負担することになる。

特に信用売りの場合、貸株料など諸経費が掛かります。どのくらい掛かるかについては、各証券会社のサービス内容、売建玉の大きさ、配当落調整金などによっても変わってくるので一概には言えませんが、1,000~1,500円程度は最低でも掛かってくるんじゃなかろうか。

多分、金券狙いでつなぎ売りをしても、売買手数料が結構掛かってしまうので差し引き利益は少ないと思います。それよりも、お金で測れない価値のある株主優待・通常ルートでは手に入りにくい観戦チケットなどを狙った方がいいように個人的には思います。

例えば、イベント招待券、コンサート招待券、施設入園券、野球観戦チケット、とかになりますかね。これらの株主優待を1,000~1,500円程度で購入できると考えた方がお得かもしれませんね。