投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

移動平均線を用いた売買シグナル (ゴールデンクロス・デッドクロス)

移動平均線は現在の株価に対して後追いで付いてくる特性があるため、ゴールデンクロスやデッドクロスを確認してからエントリーするのでは遅い場合も多々あります。
  • おさらい 移動平均線とは
  • ゴールデンクロスは買いシグナル
  • デッドクロスは売りシグナル
  • フライング気味でエントリーしないと間に合わないことも
  • ダマシも普通にある

おさらい 移動平均線とは

移動平均線とは、一定の期間における株価の合計を時間(期間)で割り、その平均を出したものです。

移動平均線

ゴールデンクロスは買いシグナル

短期線が長期線を上抜けしてくる場合、上昇相場の初動とされます。(買いサイン)

移動平均線 ゴールデンクロス

デッドクロスは売りシグナル

短期線が長期線を下抜けしてくる場合、下落相場の初動とされます。(売りサイン)

移動平均線 デッドクロス

フライング気味でエントリーしないと間に合わないことも

移動平均線は現在の株価に対して先行するものではなく、後追いで付いてくる特性があります。そのため、ゴールデンクロスやデッドクロスを確認してからエントリーするのでは遅い場合も多々あります。特に時間軸の短い短期足の場合では、その傾向は強まります。

デイトレーダーなど相場に張り付いている人じゃないと、反応に遅れてしまうと思います。

ダマシも普通にある

  • ゴールデンクロスしたのに買い転換しなかった
  • デッドクロスしたのに売り転換しなかった

といったように、ダマシも普通にあります。ダマシが発生する理由については、皆が同様のパラメータを使っている訳ではないこと、銘柄によって特性に差があること、株価チャートは業績結果などファンダメンタル要素による影響が強いこと、などが挙げられると思います。

使えないと自分で判断したら、移動平均線なんてブン投げていいですよ。(笑)

私も使ってません。(テクニカル指標全般)