投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

安定株(ディフェンシブ株)の探し方

あまり景気動向に左右されることなく長期投資を行うのであれば、ディフェンシブ株を選ぶのが定石となります。
  • 安定株(ディフェンシブ株)とは
  • ディフェンシブ株の特徴
  • ディフェンシブ銘柄 一覧
  • 景気敏感株とディフェンシブ株
  • ディフェンシブ株 まとめ

安定株(ディフェンシブ株)とは

安定株(ディフェンシブ株)とは、景気動向に左右されにくい銘柄(業種)のことをいいます。(※以下「ディフェンシブ株」に統一)

日経平均株価(日経225)

世界経済は数年単位で好景気~不景気を繰り返しており、世界経済に連動して日経平均株価(日経225)も変化しています。特にトヨタ自動車など輸出関連企業は、アメリカの景気動向や為替相場に影響されやすい特徴をもっています。

ディフェンシブ株とは、世界経済の動向に左右されにくい(=日経平均株価と連動性が低い)、安定した銘柄のこと指します。(ディフェンシブ=守りの)

ディフェンシブ銘柄には、食料品や医薬品などの生活必需品(コモディティ)が挙げられます。その他、電気・ガス・鉄道など生活インフラ関連もディフェンシブ銘柄に属しています。

要するに、人間が生活する上で必要なもの、どんな時でも一定の需要があるものがディフェンシブ銘柄としての性質を持ちます。

ディフェンシブ株の特徴

ディフェンシブ株の特徴のひとつは、不景気に対する耐久力の高さにあります。

アサヒグループ

ディフェンシブ銘柄であるアサヒグループ(食料品)は、リーマンショックの影響は限定的であったのに対し、アベノミクス相場では日経平均株価以上の株価上昇を遂げています。(日経平均株価との連動性が低い)

ディフェンシブ銘柄は、景気循環の波に左右されにくく比較的穏やかに株価が推移するのが特徴です。

上チャートではアベノミクス相場以降に急激な飛躍を遂げていますが、これはアサヒグループの経営戦略として、国外需要に目を向けて海外展開を積極的に行った結果が一因として挙げられます。アカヒグループの株価チャートは、ディフェンシブ株+成長株の特性が現れてると理解してください。

ディフェンシブ銘柄 一覧

業種別に、ディフェンシブ銘柄の一覧を見ていきましょう。

ディフェンシブ銘柄
食料品 日本たばこ産業、アサヒグループホールディングス、キリンホールディングス、サントリー食品インターナショナル、ヤクルト本社
医薬品 武田薬品工業、中外製薬、アステラス製薬、大塚ホールディングス、第一三共
電気・ガス業 関西電力、東京瓦斯、中部電力、大阪瓦斯、東京瓦斯、東北電力
情報・通信業 日本電信電話、NTTドコモ、ソフトバンクグループ、KDDI、ヤフー
陸運業 東日本旅客鉄道(JR東日本)、東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、阪急阪神ホールディングス、東京急行電鉄
水産・農林業 サカタのタネ、日本水産、マルハニチロ
  • 東証一部の時価総額上位

一般にディフェンシブ銘柄と呼ばれている業種には、食料品、医薬品、電気・ガス業、情報・通信業、陸運業、水産・農林業などがあります。

情報・通信業では、ソフトバンクやNTTドコモなどの回線事業者や、ヤフーなどのネットサービス業者が該当します。スマホアプリ・ゲーム開発も情報・通信業に含まれますが、当たり外れが激しい(株価変動リスクが大きい)業種なので注意が必要です。(長期投資には不向き)

また東京電力のような例もあるため、ディフェンシブ銘柄だから安泰などと考えず、必ず複数銘柄に分散投資させておく配慮が必要です。これはディフェンシブ銘柄だけに言えることではなく、投資行動をする上での基本です。

景気敏感株とディフェンシブ株

株を景気動向の視点で分類すると、大きく2種類に分けることができます。

景気敏感株
(シクリカル株)
景気動向に左右されやすく値動きは不安定傾向にある。中長期投資(5年以上)、短期投資(5年未満)どちらでも値幅を狙いことができる。ただし長期投資する場合には、景気動向を最重要視する必要がある。
安定株
(ディフェンシブ株)
景気動向に左右されにくく値動きは安定傾向にある。中長期投資(5年以上)で安定した結果が出やすい。値上がり益よりも配当利益による恩恵が大きい。

あまり景気動向に左右されることなく長期投資を行うのであれば、ディフェンシブ株を選ぶのが定石となります。一方、価格変動リスクは高まるけれども大きなリターンを狙うのであれば景気敏感株を狙うのがよいです。

ディフェンシブ株 まとめ

  • 景気動向に左右されにくい。(※全く影響がない訳ではない)
  • 景気動向に左右されにくいため、企業分析をきちんと行って業績の良い会社を選べば利益を上げやすい。
  • 不景気からの回復が早い。
  • 安定しやすいため長期投資に向いている。(配当金などのインカムゲイン狙いにオススメ)