投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

業種ごとのチャート相関性を知ろう

同じ業種に属する銘柄同士には、正の相関性があります。相関性を利用した手法などについて紹介。
  • 同じ業種に属する銘柄の株価チャートには相関性がある
  • 類似する株価チャートの利点
  • 同じ業種同士で出遅れ銘柄を狙えるかどうかは不明
  • 同じ業種に属する銘柄でも、事業内容によってチャート相関性が異なる

同じ業種に属する銘柄の株価チャートには相関性がある

日本の株式市場に上場している銘柄は、その事業内容に応じて33業種に分類されています。

業種一覧(33業種)
水産・農林業、鉱業、建設業、食料品、繊維製品、パルプ・紙、化学、医薬品、石油・石炭製品、ゴム製品、ガラス・土石製品、鉄鋼、非鉄金属、金属製品、機械、電気機器、輸送用機器、精密機器、その他製品、電気・ガス業、陸運業、海運業、空運業、倉庫・運輸関連業、通信業、卸売業、小売業、銀行業、証券業、保険業、その他金融業、不動産業、サービス業

そして同じ業種に属する銘柄同士には、正の相関性があります。

三井不動産 株価

三井不動産の株価チャート

住友不動産 株価

住友不動産の株価チャート

一例として、同じ不動産業種に属する三井不動産と住友不動産の株価チャートを比較しました。リーマンショックやアベノミクス相場の影響を差し引いても、2つの株価チャートには高い相関性を確認することができます。

ただし、すべての銘柄同士に相関性が認められる訳ではないため、予め株価チャート分析を行い相関性の強さを把握しておく必要があります。また、株価は業績に左右される面も大きいため、場合によっては業績に引っ張られて相関性が低下する銘柄もあります。目ぼしい銘柄を見つけたら、毎期の業績チェックを忘れずに行うようにしましょう。

相関銘柄は、時価総額の大きさや銘柄探しの手間も考えて東証一部だけに絞って探してもよいと思います。

類似する株価チャートの利点

こういった類似する株価チャートを描く銘柄同士を知っておくと様々な利点があります。

  • テクニカル分析による押し目や抵抗帯でポジションを持つ際の、保有タイミングを絞り込むことができる。 (時間軸の突き合せ)
  • 分散投資することで倒産リスクを軽減できる。

株価チャートが似ているので、テクニカル的なポイントでポジションを持つときのエントリータイミングを絞り込むことができます。一つの株価チャートだけだと、本当にそこでエントリーして良かったのかが不安になってきます。もしかしたら株価チャートは業績悪化や悪材料によって下がっているのかもしれないからです。こういった業績変化による影響を軽減し、純粋な景気連動性で株価を見ることができるようになります。

また、同じエントリータイミングで複数銘柄を同時保有すれば、倒産リスクを軽減することもできます。

同じ業種同士で出遅れ銘柄を狙えるかどうかは不明

私は検証したことがないので何とも言えませんが、類似株価チャートの中で乖離している銘柄を見つけ、乖離が小さくなる方向にポジションを持てばやがて乖離が小さくなって利益を上げられる、なんてことも出来るのかもしれません。(個人的意見としては懐疑的)

出遅れ銘柄狙いは通常、景気変動に対して先行する業種や遅行する業種に対して行うものです。(循環物色)

同じ業種に属する銘柄でも、事業内容によってチャート相関性が異なる

また同じ業種に属する銘柄であっても、事業内容に大きな違いがあればチャート相関性は変わってきます。