投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

BPS(一株当たり純資産)とは?

BPSとは、1株当たり純資産のことです。BPSを見れば、仮に会社が解散したときに自分がどのくらい会社の純資産を受け取れるかが分かります。
  • BPSとは?
  • BPSの計算式
  • なぜBPSを算出するのか? (目的)
  • 実際にBPSを計算してみよう!
  • 株価の割高・割安判断

BPSとは?

BPSとは、1株当たり純資産のことです。(BPS:Book-value Per Shareの略)

業績
  • 【連中】連結中間決算、【連本】連結本決算、【単中】単独中間決算、【単本】単独本決算
貸借対照表

BPSの意味は言葉の通りで、会社の持っている純資産を1株当たりに換算したものになります。貸借対照表からも分かるように、会社の資産から負債を引いたものが純資産になります。これを1株換算したものがBPS(1株当たり純資産)です。

BPSの計算式

BPSの計算式は以下のようになります。

BPS(円) = 純資産
発行済株式総数

BPSは、企業の純資産を発行済株式総数で割ることにより計算されます。企業の純資産については、決算報告等で確認できるほか、口座開設している証券会社の財務分析欄でも確認できます。

なぜBPSを算出するのか? (目的)

会社を解散させる場合を例に考えます。

事業撤退等で会社を解散させることになった場合、清算を終えた会社の純資産は株主に返還されます。株主ごとに出資額(保有株式数)は異なるので、1株当たり純資産(BPS)という指標が必要になってきます。

BPSを計算する目的

BPSに自分の保有株式数を掛け合わせることで、自分に返還される資産額を割り出すことができます。

現在、自分がその会社の純資産を幾ら受け取れる権利があるのかを計算するのに役立つということです。

ちなみに、会社を解散させることになった際に清算される純資産のことを解散価値と呼びます。会社解散(倒産)させる際には、会社総資産から負債(借金)を差し引いて、最後に残ったお金(純資産)が株主に返還されます。この最後に残ったお金を解散価値と呼んでいます。

またBPSは、株価が割高か割安かを表す指標「PBR」にも関係性のあるパラメータです。

実際にBPSを計算してみよう!

BPSを算出するには、純資産、発行済株式総数が分かっていなければなりません。純資産は自己資本とほぼ同じなので、自己資本を使って計算してもほとんど誤差は出ないと思います。会社の財務状況については、口座開設した証券会社の四季報や企業情報から確認することができます。

BPSの計算方法

武田薬品工業の場合、子会社や関連企業などを含めた連結決算と、武田薬品工業のみの単独決算があります。BPSにも連結BPS・単独BPSがありますが、上にあるのは連結BPSです。

これから計算するのは連結BPSになります。

連結BPS = 純資産(≒自己資本) = 2,014,570,000,000 = 2,547 (円)
発行済株式総数 790,816,000

会社四季報にあるBPS = 2,580(円)とほぼ同じ値が出ました。計算結果がズレる理由は、純資産の代わりに自己資本を使っていること、発行済株式総数が若干変化していることなどが考えられます。

(※会社四季報に掲載されているデータの厳密計算に明るくないため、認識違いがあるかもしれません。ご了承ください。)

仮に私が武田製薬工業の株式を1株保有していたら、会社が解散したときに単純計算で2,580(円)還ってくるということですね。(会社を解散させる際に過不足なく負債や財産を処理した場合)

株価の割高・割安判断

勘の良い方なら気づくかと思いますが、このBPSと現在の株価を比較することで、株価の割高・割安判断にも利用することができます(PBR)。