投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

そもそも株って何?

株式を発行することで企業は銀行などに借り入れすることなく事業資金を集められ、また株主は企業に出資することで配当金・株主優待・議決権などの権利を得ることができます。(Win-Winの関係)
  • 株式とは?
  • お金を増やすために株を始める人
  • 投資が好きで始める人、経済に興味がある人

株式とは?

企業(株式会社)が資金を調達するために発行しているものが「株式」です。

株式とは

株式を発行することで企業は銀行などに借り入れすることなく事業資金を集められ、また株主は企業に出資することで配当金・株主優待・議決権などの権利を得ることができます。(Win-Winの関係)

企業のオーナーになれる株式投資

株式を購入することは、その企業の出資者(オーナーの1人)になるという意味です。

トヨタ自動車、ソニー、任天堂、ソフトバンクなど、日本にはとても優秀な企業が沢山あります。これらの企業の株式を購入して株主になることで関係が生まれ、株主総会に出席したり株主優待などの特典を得ることができるようになります。株式投資には、単純にお金儲けだけではない楽しみがあります。

株主総会

株券は送られて来ないので安心!

株を買ったら、大量の株券が自宅に送られてくる?

って最初は私も思っていましたが、安心してください。置き場所に困る株券が自宅まで送られてくることはありません。現在は上場株券の電子化により、上場株券が発行されることはありません。株式を購入すると契約締結時交付書面が作成され、証券会社の保護預り口座に振替株式として登録されます。(手放すのも簡単)

株券

株券は送られてこない。(電子化)

お金を増やすために株を始める人

株式投資はお金が増えます。私が株式投資を始めた動機もお金を増やすためです。(笑)

お金を増やす

1. 売却益(キャピタルゲイン)で儲けよう

株には株価というものがあり、企業の業績や景気動向によって日々株価は変動しています。株式を安い時に買って高くなった時に売却すると、その差分である売却益(キャピタルゲイン)を得ることができます。株式投資における重要な要素で、株で儲けるか損するかは株価変動に掛かっています。株式の中には、短期間で100倍以上になる超大化け株もあり、株で儲ける億トレーダーが日々生まれています。

売却益(キャピタルゲイン)

2. 配当金(インカムゲイン)で儲けよう

株主は、会社が利益を上げた分の一部を受け取れる権利を持っています(配当金)。配当金は年間で2~3%程度受け取ることができるため、銀行預金(0.001%)よりも遥かに高い利回りで資産運用することができます。また配当金は、その会社の株式を持っているだけで受け取れるので、働かずに得られる不労所得でもあります。(お金に働いてもらうという考え方)

配当金(インカムゲイン)

3. 株主優待で儲けよう

株主優待は「おまけ」みたいなものです。株主優待は配当金と同様、その会社の株式を持っているだけで貰える特典で、その会社の製品や割引券、食事券、食品、飲料水など様々な品物が貰えます。中には限定CD・ライブチケット優先券など、単純に価格では表せない付加価値を得られるものも存在します。

投資が好きで始める人、経済に興味がある人

お金以外のメリット。

1. 株主総会に出席しよう (経営参加権)

株式を一定数以上(単元株といいます)持っていると、決算期に開催される定時総会などに参加できるようになります。株主は1単元につき1票の議決権を有しており、株主総会で掲げられている議題に対して、賛成・反対といった議決権の行使ができます。(経営参加権)

2. 経済ニュースに自然とアンテナが張られるようになる (実は教育にも良い)

株を始めると、経済ニュースに自然とアンテナを張るようになります。単にお金儲けのために始めたとしても、勝手に興味が湧くようになります(笑)。学校教育に取り入れた方が良いくらいです。(割と本気で)

学校教育で嫌々経済を教えられるのは本当に無意味ですね。