投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

投資をする際に知っておきたい、プロスペクト理論とは

人間は本能的に、投資行動には向いていません。ただし、相場でボッコボコにされることで矯正することができます。
  • プロスペクト理論とは
  • プロスペクト理論① 利益に関する行動 (リターン)
  • プロスペクト理論② 損失に関する行動 (リスク)
  • 人間の行動パターンは、損大利小
  • 博打を打ってでも損をしたくない心理は、破滅を呼ぶ
  • 投資で勝てない人が多い理由
  • 投資歴の長い私は、どう感じているのか

プロスペクト理論とは

プロスペクト理論とは、人間がお金に関するやり取りを行う際、本能的に取りやすいとされる行動についてまとめた研究成果のことをいいます。

要するに人間は、お金の掛かった場面においてある特定の行動パターンを取りやすいとされる。

選択

プロスペクト理論① 利益に関する行動 (リターン)

以下の2択ではどうちらを選ぶ人が多いか。

  • 確実に手に入る100万円。
  • 50%の確率で200万円手に入るが、50%の確率では何も受け取ることができない。

この問いについては、「1.」を選択する人が多いという統計結果が出ています。これは利益を伸ばさずに、早々に確定してしまう利小の行動です。

プロスペクト理論② 損失に関する行動 (リスク)

以下の2択ではどうちらを選ぶ人が多いか。

  • 確実に損をする100万円。
  • 50%の確率で損をチャラにすることができるが、50%の確率で200万円失う。

この問いについては、「2.」を選択する人が多いという統計結果が出ています。これは確実に損切りせずに、より大きな博打に賭ける損大の行動です。

人間の行動パターンは、損大利小

プロスペクト理論からも分かるように、人間の行動パターンは損大利小であることが分かります。

ちょっとでも利益が出たらすぐに利益確定したくなるのに、損を抱えているときには損失確定できずに、ずるずると時間を過ごしてしまう。

こんな人が多い理由は、プロスペクト理論にあるのかもしれませんね。

凡例の期待値はどちらを選んでも同じ100%なので、選択によって資産が増えるわけではありません。ただし投資の世界では、損少利大の行動を取ることが望ましいとされます。(これについてはまた別の機会に)

博打を打ってでも損をしたくない心理は、破滅を呼ぶ

確実に利益を取る行動に関しては意見が分かれるところですが、博打を打ってでも損をしたくないという心理は、時として破滅を呼びます。

  • 損切りしたくないから、損切りラインをずらして延命する。
  • 損切りしたくないから、入金して耐える。
  • 損切りしたくないから、スキャルをスイングに切り替える。
  • 相場に負けまくって、もうどうでもよくなったから最後の一発勝負に賭ける。(思考停止状態)

すでに投資経験者の中には、こんな感情に支配された経験があるかもしれません。

ストップロスをずらす。

投資で勝てない人が多い理由

世の中には株やFXなどの投資がありますが、多くの人は負けている側に居ます。

投資で勝てない理由には、基本がゼロサムゲームであること、予想して当てることが非常に難しいこと、などが挙げられますが、人間の本能的な行動パターンにも問題がありそうですね。

「株やFXで勝てない人の多くは、無意識のうちに不利益となる行動パターンを取っている」

ということです。

行動心理的には、人間は投資に向いていないことが分かります。

(本能的に刷り込まれている)

投資歴の長い私は、どう感じているのか

私の場合、利益に関しては確実に受け取れる側を選ぶ傾向にありますが、損失に関してはさっさと切るようにしています。これは元々そういった行動が取れていたのではなく、長年相場経験を積む中で矯正させられたものです。

私自身も、損切りをしたくないから延命したり、ナンピンを繰り返していつの間にか損失が莫大になって退場、というような経験を過去にしてきています。そういった苦い経験を経て今があります。

私が相場に生き残っている理由は、行動的な資質があったというよりも、相場にボッコボコにされながらも地道に矯正してきた経験があるからです。もちろん、勝てる行動を取る方法も知っていますが、同様に、損失に関しても負けない方法を学んできています。

投資は経験と総合力です。

プロスペクト理論はもちろん、矯正できます。

3. 投資行動と心理学
サムネ画像 投資をする際に知っておきたい、プロスペクト理論とは