投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

スキャル・デイトレ・スイング、どのトレードスタイルが一番優れているのか

総合力ではスイングトレードが一番優れていますが、「経験値を積む」という点ではデイトレードの時間軸で戦った方が良いです。
  • FXのトレードスタイル
  • スキャル・デイトレ・スイング、どのトレードスタイルが一番優れている?
  • 値動きの大きな節目を終えるには、1~3ヶ月を要する
  • 難易度の面では、スイングトレードが一番マシ (簡単なものはない)
  • 相場経験をより多く積むには、デイトレードが良い
  • スキャルピングは最後でいい (少し異質なものだから)
  • まとめ

FXのトレードスタイル

FXにはいくつかのトレードスタイルがあり、時間間隔によっておおよそ区分することができます。

FXのトレードスタイル
区分 トレードスタイル 時間間隔
短期トレード スキャルピング おおよそ5分以内で終わることが多い。
短期トレード デイトレード 利益確定までの時間はおおよそ5分~4時間程度。
短期トレード スイングトレード ポジション保有日数は、数日~数ヶ月程度。
長期トレード スワップ狙い 数年単位。

ただし、これはあくまで一般論なので、このように分類して呼び分けること自体にはあまり大きな意味はありません。

スキャル・デイトレ・スイング、どのトレードスタイルが一番優れている?

FXの短期トレードには、スキャルピング・デイトレード・スイングトレードがあります。

ノートパソコン

特にスキャルピングやデイトレードは、帰宅後のサラリーマンも気軽に参加できる人気のトレードスタイルですよね。私もデイトレードが主体です。

ここでは、自分がどのトレードスタイルで相場に参加すれば良いかまだ決まっていない人向けに、FXの短期トレードでどれが一番優れているのかを比較していきたいと思います。

スワップ狙いの長期トレードは少し性質が異なるので、ここでは除外します。

値動きの大きな節目を終えるには、1~3ヶ月を要する

まず大前提として、為替相場の値動きが大きな節目を迎えるには、おおよそ1~3ヶ月程度を要します。

時間間隔

もちろん1日単位でもある程度の区切りをもって相場は移行するんですが、私の感覚では大きな節目は1~3ヶ月単位で区切られます。この時間間隔に関しては、おおよそ間違っていないと思います。理由はよく分かりませんが、事実として1~3ヶ月という時間スパンがあります。為替相場は株式市場に連動するので、もしかしたら株式市場のアノマリー要素(季節要因)も関係しているのかもしれません。

この事実から言えることは、1日単位で取引に区切りを付けるデイトレードや、さらにそれよりも短いスキャルピングは、為替相場の本質的な流れにはそぐわないということです。

要するに、大きな流れの途中でエントリーまたは利益確定しなければならないデイトレードやスキャルピングは、スイングトレードに比べて相対的に不利ということです。

難易度の面では、スイングトレードが一番マシ (簡単なものはない)

そういった為替相場の本流的な値動きがあるため、FXで相場を予想してポジションを取るには、スイングトレードの時間軸が一番マシです。「簡単」ではなく「マシ」と表現しているのは、基本的にFXの値動き予想に簡単なものはないからです。

相場経験をより多く積むには、デイトレードが良い

ただしスイングトレードは時間間隔が長いため、相場経験を積むのに膨大な時間が掛かってしまいます。私はFXを11年以上続けていますが、勝てるようになるまでに毎日相場を10時間以上見続けて6年間掛かっています。この間私はデイトレード主体で過ごしてきたので、スイングトレード主体でFXに勝てるようになるには一体どれだけの時間が掛かるのか想像も付きません。

砂時計

ちなみにデイトレードはスイングトレードよりも相対的に不利と書きましたが、1日単位でもある程度の区切りを持って相場は移行するので、デイトレードの時間軸で相場経験を積むこと自体は無駄ではありません。

むしろ、より多くの値動きを断片的に見られるデイトレードの方が、聖杯的な値動きを掴みやすいと思います。 (いわゆる鉄板パターン)

ただし、デイトレードの方が難しいがね。(笑)

「結局今日落ちるなら、何で昨日あそこまで戻したんだよ」「さっさと落ちろよ何時間掛かってるんだ」といったような、時間軸特有のジレンマにも遭遇しやすいです。

スキャルピングは最後でいい (少し異質なものだから)

スキャルピングは無理に学ばなくてもいいです。

スキャルピングは「予想」というよりは「チャート上の壁」を探す作業なので、デイトレードやスイングトレードとは少し異なる性質のものです。

私は一応、スキャル・デイトレ・スイング、どのトレードスタイルもこなすことができますが、あまりスキャルピングはやりたいとは思いません。収益性という面ではおそらく一番高いですが、それ以外のデメリットが大きすぎるのであまりオススメしません。

まとめ

どのトレードスタイルが一番優れているのかを普遍的に決めるのは難しいですが、総合的に見ればスイングトレードが一番優れていると思います。ただし一番優れているからといって、それがイコール最初にマスターした方が良いトレードスタイルという訳ではありません

これまでも書いてきましたが、FXで勝てるようになるには膨大な時間を要します。その経験値を積む上では、デイトレードでボッコボコにされながら成長していった方が良いと思います。(私の経験談)

2. 短期トレードに属するもの
サムネ画像 スキャル・デイトレ・スイング、どのトレードスタイルが一番優れているのか