投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

FX口座を複数持ち、リスク分散させる

投資は儲けることよりも生き残ることの方が重要です。FXでもそれは同じなので、FX口座を複数持ち、投資資金を分散させておきましょう。
  • 投資行動においてリスク分散は基本
  • FXでもそれは同じ
  • 熟練トレーダーにとって一番怖いのは、FX会社のサーバ落ちである
  • 儲けることよりも、確実に生き残ることを優先しよう

投資行動においてリスク分散は基本

FXや株、債券投資など、一般に投資と呼ばれる金融商品には元本保証がありません。投資には大きなリターンが見込める反面、資産を失うリスクも伴います。

投資とリスク分散

投資行動においてリスク分散は基本です。

投資行動においてはトータルで勝つことが求められるため、1つの投資先に資金を集中させるようなことは基本的に行いません。

FXでもそれは同じ

投資資金を分散させることはFXでも同じです。私はFX歴が11年を超えますが、これまで生き残り続けられているのは、損失リスクに対する警戒心が人一倍強いことが理由の1つに挙げられると思います。

私が口座開設しているFX口座

メイン口座 GMOクリック証券
サブ口座 マネーパートナーズ、DMM.com証券、ヒロセ通商

FX口座を複数作っておくと、投資資金を分散できることはもちろん、各FX会社の特性や強みなどが比較できるなどメリットが多くあります。

熟練トレーダーにとって一番怖いのは、FX会社のサーバ落ちである

FXトレード技術をどれだけ磨いても、物理的リスクには勝てません。

特に熟練トレーダーやある程度大きな金額を動かしているFXプレイヤーにとって、FX会社のサーバ落ちほど怖いものはありません。

サーバ落ち

株式投資であれば長期投資&レバレッジ1倍投資が基本であるため、証券会社のサーバ落ちはそれほど怖いものではありませんが、FXの場合、5倍10倍とレバレッジを掛けることができるため、適正なレバレッジ管理を行っていたとしても、運悪く相場乱高下とFX会社サーバ落ちが重なってしまった時には大損害を被るリスクがあります。

サーバ落ちはどのFX会社でも潜在的に起こり得る事象なので、絶対にサーバ落ちしないFX会社を探すことよりも、サーバ落ちが発生したときの対応策を常に講じていることの方が重要です。

儲けることよりも、確実に生き残ることを優先しよう

儲けることよりも、確実に生き残ることを優先しましょう。

FX資金を分散させてしまうと、必然的に1回のポジションサイズが小さくなってしまうため、儲けられる金額も小さくなってしまいます。

目先の利益に目が眩んでいると、ついつい資金分散のこともレバレッジ管理のことも忘れて一攫千金に走ってしまいがちです。

10万円など少額投資で遊んでいる人はそれでよいかもしれませんが、FXとこれからも真剣に向き合っていきたい人、FXに生き残り続けたい人は、FX口座の資金分散を忘れないように。

大損失を被ってから、退場してからでは遅いです。

無鉄砲は死ぬ世界