投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

FXの証拠金維持率について

証拠金維持率とは、文字通りFX取引を行う上で必要な証拠金の現在維持率を示しています。証拠金維持率が100%を下回ると「証拠金不足」の状態です。
  • 証拠金維持率とは
  • 証拠金維持率の計算式
  • 証拠金維持率とロスカット

証拠金維持率とは

FXには証拠金維持率というものがあります。

証拠金維持率

FX取引を行うためにはFX会社に必要最低証拠金を納める必要があります。1つの通貨ペアを運用する場合、必要証拠金額のおおよそは検討が付きますが、複数の通貨ペアやポジションを複雑に持っていると、証拠金が今どれだけ必要で、あとどのくらいで証拠金不足に陥るのかが分からなくなってきます。

証拠金維持率は、現在のFX口座資金に対してどれだけ証拠金が足りているのかを瞬時に把握するためにあります。証拠金維持率が100%を上回っていれば、証拠金は足りている状態です。

証拠金維持率の計算式

証拠金維持率の計算式は以下の通りです。

証拠金維持率 = 純資産(時価評価総額) ÷ 必要最低証拠金 × 100

純資産(時価評価総額)

純資産(時価評価総額)というのは、現在FX口座に入金されているお金と、ポジション評価損益の合計です。もともとFX口座に10万円入金していて、現在保有中のポジション評価損益が1万円プラスだった場合、純資産は11万円ということになります。

必要最低証拠金

通貨ペアごとに必要最低証拠金が異なります。必要最低証拠金は為替変動によって常に変化しているので、各FX会社で定期的にアナウンスされます。以下はおおよその目安。

通貨ペアの現在レート 必要最低証拠金(1万通貨)
120円 48,000円
100円 40,000円
80円 32,000円

※国内個人口座の最大レバレッジ25倍で換算。通貨ペアはドル円やユーロ円などのクロス円ペア。

証拠金維持率とロスカット

証拠金維持率が100%を下回った状態、つまり証拠金不足の状態に陥ると、FX会社が定めるロスカットルールに従ってポジションが強制決済されてしまうことがあります。(FX会社によって処遇が異なる)