投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

FXの決済同時発注とは?

決済同時発注は非常に便利な注文方式なので、特にスキャルピングトレードを行っているプレイヤーは導入することを勧めます。
  • 私がいつも使っている注文方式
  • 決済同時発注とは
  • 利益確定幅・損失確定幅は、予め設定しておく
  • 成行注文を多用するスキャルピングなどで有効

私がいつも使っている注文方式

決済同時発注は非常に便利な注文方式なので、私がFX取引を行うときには必ず使っています。

決済同時発注の何が便利なのか、これから紹介していきたいと思います。

決済同時発注とは

決済同時発注とは、マウスクリックで成行注文を入れた際、自動で利益確定・損失確定も予約発注される注文方式です。

何言っているか理解できない人のために簡略化して説明すると、以下の通り。

1. 為替レートパネルをマウスクリックで成行注文

マウスクリック注文

2. 自動で利益確定・損失確定も予約発注される

決済同時発注

要するに、為替レートを見ながら成行注文でマウスクリックした際、自動で利益確定と損失確定も発注される注文方式のことです。

これの何が便利なのかは後述します。

利益確定幅・損失確定幅は、予め設定しておく

決済同時発注では、予め利益確定幅・損失確定幅をそれぞれ設定しておきます。

決済同時発注

この設定値を参照して、成行注文時の自動決済注文が発注されます。

利益確定幅・損失確定幅を一度設定してしまえば、注文の度に利益確定レート・損失確定レートを毎回手入力する手間が省けます

成行注文を多用するスキャルピングなどで有効

レバレッジを利かせて細かな利益幅を取るスキャルピングトレードでは、成行注文がよく利用されます。成行注文の良い点は何といっても為替レートパネルに合わせて注文を通せることですが、通常の成行注文は新規注文しか入っていない状態です。(損切りがない状態)

特にスキャルピングのようなハイレバ取引で損切り注文が入っていないのは、非常に危険です。

最悪のケースでは、ハイレバスキャでエントリーした瞬間にネット回線トラブルが起き、またそのタイミングで相場乱高下が発生した場合、大損失を被る危険性があるからです。

注文と同時に損切り注文も入るので、ネット回線トラブルに強い

成行注文と同時に自動で決済発注される決済同時発注ならば、損失額を限定させることができます。特にハイレバスキャ中に起こり得るネット回線トラブルに対しては、決済同時発注が力を発揮します。(これが一番のメリット・リスク回避策)

自宅のネット回線が落ちても大丈夫

突発的な相場乱高下に強い

新規ポジションを持った瞬間に相場が急変動したり、乱高下中に焦ってポジションを持った際などには、後で損切り注文を入れても間に合わないことがあります。新規ポジションを持った瞬間に自動で損切り注文も出せる決済同時発注ならば、損切り注文の発注が遅れることはありません。

いちいち利益確定・損切り注文を毎回入れなくても済む

スキャルピングトレードは一日に何十回も取引をするため、いちいち利益確定・損失確定注文を入れるのは非常に面倒です。かといって損失確定注文を入れておかなければ、ネット回線トラブル発生時に慌ててしまいます。

予め利益確定幅・損失確定幅を設定しておく決済同時発注ならば、いちいち利益確定・損切り注文を入れなくても済むので便利です。

ちなみに決済同時発注が入っていても、成行決済で強制的にポジション決済することもできるので、通常の成行スキャルピングにも支障はありません。

4. その他 便利な注文方式
サムネ画像 FXの決済同時発注とは?