投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

FXの予約注文 ~IFO注文とは?

新規注文、決済注文(利益確定)、決済注文(損切り)の計3つの注文を同時に出せるのがIFO注文の特徴です。IFO注文は汎用性が非常に高いため、私もよく利用しています。
  • IFO注文とは
  • IFD注文とOCO注文が組み合わさったもの
  • IFO注文の例題 (もうすぐ終わります)

IFO注文とは

IFO(アイエフオー)注文とは、簡単に説明するならばIFD注文の進化バージョンです。

IFD注文では、決済注文に利益確定のための指値注文か、損失確定のための逆指値注文のいずれか1つしか注文を入れることができません。

一方IFO注文では、決済注文に利益確定のための指値注文と、損失確定のための逆指値注文の2つを入れることができます。

IFO注文

新規注文、決済注文(利益確定)、決済注文(損失確定)の計3つの注文を同時に入れることができるということです。

通常であれば、利益確定と損失確定(損切り)の注文は同時に入れておきたいと思うプレイヤーが多いため、このIFO注文が予約注文の主力として活躍するはずです。(私もよく使います)

注文を中途半端にしか入れられないIFD注文の存在意義はあまりないといえます。(長期保有目的のプレイヤーならば汎用性あり)

IFD注文とOCO注文が組み合わさったもの

IFO注文は、FX会社によってはIFD-OCO注文とも呼ばれています。

IFD-OCO注文

OCO注文は、「注文を2つ同時に出し、いずれか片方の注文が約定した際には、もう片方の注文はキャンセルする」という注文方式です。

OCO注文

IFO注文(IFD-OCO注文)では、決済注文として利益確定のための指値注文と、損失確定のための逆指値注文の2つを同時に出すことができます。また、決済注文の片方が約定してしまえばもう片方の決済注文は不要となるため、残った決済注文はキャンセルされる仕組みになっています。

IFO注文の例題 (もうすぐ終わります)

予約注文に慣れないFX初心者の方は、少し頭が混乱してしまっているかもしれないので、簡潔に例題を出して終えたいと思います。

IFO注文は、新規注文、決済注文(利益確定)、決済注文(損失確定)の計3つの注文を入れることがでる注文です。

IFO注文

新規注文に109.700指値買い決済注文(利益確定)に110.000指値売り決済注文(損失確定)に109.400逆指値売り、の計3つの注文を入れます。(IFO注文)

IFO注文

上図ではIFD-OCO注文となっていますが、IFO注文と同じものです。(FX会社による)

IFO注文は汎用性が高いので、予約注文をする際には私もよく利用している注文方法です。