投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

損切りできないのはなぜ? (FXとプロスペクト理論)

損切りできない人が多い理由は、人間には本能的に損失を嫌う性質があるからです。
  • FXとプロスペクト理論
  • 損切りできないのはなぜ?
  • 人は損失を抱えていると、その事実から逃れようとする
  • 私が「損切りできない心理」を克服した過程

FXとプロスペクト理論

プロスペクト理論とは、人間がお金に関するやり取りを行う際、本能的に取りやすいとされる行動についてまとめた研究成果のことです。

プロスペクト理論によると、人間は以下の行動を取りやすい。

プロスペクト理論① 利益に関する行動 (リターン)

  • 確実に手に入る100万円。
  • 50%の確率で200万円手に入るが、50%の確率では何も受け取ることができない。

この2択では、「1.」を選択する人が多い。(利小

プロスペクト理論② 損失に関する行動 (リスク)

  • 確実に損をする100万円。
  • 50%の確率で損をチャラにすることができるが、50%の確率で200万円失う。

この2択では、「2.」を選択する人が多い。(損大

人間は本能的に、損大利小の行動を取りやすい」ということです。これは潜在的に私たちのDNAに刻まれている行動パターンなので、矯正しない限りこれを克服するのは難しい。投資が苦手な人が多い理由はこんなところにあるのかもしれません。

損切りできないのはなぜ?

損切りできない人が多い理由は、人間には本能的に損失を嫌う性質があるからです。

(プロスペクト理論②より)

人は損失を抱えていると、その事実から逃れようとする

ちょっとでも利益が出たらすぐに利益確定したくなるのに、損を抱えているときには損失確定できずに、ずるずると時間を過ごしてしまう。

こんな感情を持ったことがある人は、結構居るかと思います。(私もそうでした)

人は損失を抱えていると、その事実から逃れようとします。

  • 損切りしたくないから、ストップを大幅にずらして延命する。
  • 損切りしたくないから、ナンピンして傷を浅くしようとする。(レバレッジ増大)
  • その結果、いつの間にか損切りできないほど損失が膨らんでしまい、「もうどうでもいいや」となる。
  • たった一度の判断ミスで、退場に追い込まれる。

強烈なコンボですね。

損切りしたくない感情」は、投資の世界では致命的リスクであることが分かります。

みんなも経験あるよな

私が「損切りできない心理」を克服した過程

先述のように、FXや投資の世界では、損切りできないと生き残れません。

パソコン

私も今でも「損切りしたくないなぁ」という感情に支配されることがありますが、長い経験により「損切りしなかった場合の結果」がある程度見えるようになったので、その未来とを天秤にかけることで「ここで切らないとマズいな」という判断を冷静に下すことができるようになりました。

もちろん、この感情を持てるまでには何十回も失敗や挫折を経験し、負の感情を克服・矯正してきた経緯があります。(私も凡人なので)

損切りについては、数をこなすしかありません。デイトレードやスキャルピングでガンガン損切りに慣れましょう。スイングトレードだけやっていると、いざという時に適切な損切り判断を下せないかもしれません。

また、ハイレバレッジ取引をしていると、切った場合の損失額が大きくなり「損切りへの躊躇」の感情が芽生えやすくなるので危険です。

1. FXと投資行動
サムネ画像 損切りできないのはなぜ? (FXとプロスペクト理論)