投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

利益を伸ばせないのはなぜ? (FXとプロスペクト理論)

利益を伸ばせない人が多い理由は、人間は目の前にある利益をすぐに確定したくなる感情を持っているからです。
  • FXとプロスペクト理論
  • 利益を伸ばせないのはなぜ?
  • 利益を伸ばさず確実に確保しておくことは、悪いことなのか?
  • FXでは時間軸の関係上、すぐにブレイクできない時がある

FXとプロスペクト理論

プロスペクト理論とは、人間がお金に関するやり取りを行う際、本能的に取りやすいとされる行動についてまとめた研究成果のことです。

プロスペクト理論によると、人間は以下の行動を取りやすい。

プロスペクト理論① 利益に関する行動 (リターン)

  • 確実に手に入る100万円。
  • 50%の確率で200万円手に入るが、50%の確率では何も受け取ることができない。

この2択では、「1.」を選択する人が多い。(利小

プロスペクト理論② 損失に関する行動 (リスク)

  • 確実に損をする100万円。
  • 50%の確率で損をチャラにすることができるが、50%の確率で200万円失う。

この2択では、「2.」を選択する人が多い。(損大

人間は本能的に、損大利小の行動を取りやすい」ということです。これは潜在的に私たちのDNAに刻まれている行動パターンなので、矯正しない限りこれを克服するのは難しい。投資が苦手な人が多い理由はこんなところにあるのかもしれません。

利益を伸ばせないのはなぜ?

利益を伸ばせない人が多い理由は、人間は目の前にある利益をすぐに確定したくなる感情を持っているからです。

(プロスペクト理論①より)

利益を伸ばさず確実に確保しておくことは、悪いことなのか?

不確実な200万円よりも、確実な100万円の方が良いのでは?

と感じる人が統計的には多いですが、それではまずいのでしょうか?

一応、相場の世界では損少利大の行動を取ることが望ましいとされますが、期待値で見ればどちらも同じなので、不確実な200万円でも確実な100万円でも好きな方を選んだらいいように思います。

私個人の意見としても、「確実な100万円を積み重ねる」方法でも全然構わないと思います。FX歴11を越え、毎月安定して利益を確保できるようになった今でもそう思います。

トレード

デイトレーダーなら、途中で切り上げても構わない

私はデイトレーダーなので、例えば一週間後の相場がおおよそ見えていたとしても、時間軸の進み具合をみて途中で利益確定して終えることも多いです。持ち越しによる窓が怖い、昼間にポジションを持ったままでは落ち着かない、別の作業に支障が出るなど、単純に期待値どうこうではない要因も絡んでいます。

トレードスタイルの一環です

FXでは時間軸の関係上、すぐにブレイクできない時がある

私が「早々に利益確定しても構わない」と思う理由のひとつに、為替レートと時間軸の関係があります。

FXでは時間軸の関係上、近い将来にブレイクすることがおおよそ確定していたとしても、抵抗の位置や時間軸の関係上、すぐにはブレイクできないことが多々あります。

レンジ相場

数ヶ月レベルで推移するレンジ相場。こういった相場では、「いつ」レンジブレイクするのかを1日単位(デイトレード単位)で当てることはほぼ不可能

仮に売買サインが出ていて、どちらに抜けるのかを事前に察知できていたとしても、判断している時間軸が大きい場合には、デイトレードレベルで一旦ポジションの手仕舞いをすることがあります。(私の場合)

これは「利益を伸ばす行為」には該当しないのですが、先述のように私はデイトレーダーであり、また平日の昼間には別作業をしています。私の性格上、ポジションを持っている状態だとその別作業に集中することができないため、近い将来が見えていたとしてもポジションを手仕舞うことがあります。

利益を伸ばすことが望ましいとされていても、現実にはそれを最優先とすることが難しいケースも多々あります。理想論だけ語れば、利益は伸ばした方がいいんだけどね。

1. FXと投資行動
サムネ画像 利益を伸ばせないのはなぜ? (FXとプロスペクト理論)