投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

FXの成行注文とは?

私自身も成行注文をよく使っています。約定拒否がほとんどなく、「確実にオーダーを通す点」において成行注文に勝るものはありません。
  • 私が最も多く利用している注文方式
  • 成行注文とは
  • 多少の値滑りは許容
  • 成行注文のメリットや特徴 まとめ
  • 成行注文とストリーミング注文の違い

私が最も多く利用している注文方式

私はFX歴11年を超えますが、基本的に成行注文からオーダーをスタートさせることが多いです。またポジション決済時にも成行決済することが多いです。

成行注文とは

Market Order」という英語表記からも分かるように、成行注文はその場における為替レート(近傍)で約定させることを最優先にした注文方式です。

マウスクリック注文
  • とにかくそのレート近傍で約定したい。 (多少の値滑りは許容)
  • 一刻も早くポジションを持ちたい。
  • 一刻も早くポジションを手放したい。

多少の値滑りは許容

成行注文の最優先とするところは、約定させること(オーダーを通すこと)です。

成行注文

極端な話をすると、例え10pips値滑りしても、とにかく一刻も早くポジションを約定させることを最優先とします。

ただし値滑りといっても、近年のFX会社はサーバ約定能力が非常に高いので、10pipsも値滑りすることはまずありません。私はいつも成行注文・成行決済をすることが多いですが、値滑り約定(不利約定)を感じることはほとんどないです。(仮に滑ったとしても0.3pipsとかその程度が多い)

ただし、100~200pips平気で動くようなイレギュラー相場(乱高下)を除いてですよ。値が激しく動くイレギュラー相場では、値滑り発生率も相対的に高くなります。

成行注文のメリットや特徴 まとめ

成行注文のメリットや特徴をまとめました。

成行注文のメリットや特徴
  • とにかくオーダーを通すこと、ポジションを約定させることを最優先とした注文方式。
  • 約定拒否がほとんどない。
  • マウスクリックのタイミングで約定させることができるため、いちいち為替レートをキーボードで数値入力する必要がなく、対応が非常に速い
  • パニック相場などでも最速で逃げることができるため、リスク回避を最重要視するトレーダー向き。
  • 1日に何十回も取引するスキャルピングトレーダー向き。

私自身も成行注文をよく使っています。約定拒否がほとんどなくオーダーを通せる点や、数値入力する手間が掛からない点などのメリットが非常に有効だからです。

成行注文が基本

成行注文とストリーミング注文の違い

成行注文に似た注文方式として「ストリーミング注文」があります。成行注文とストリーミング注文の違いについては以下で詳しく紹介しています。