投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

FXの証拠金はいくらくらい必要なの?

FX会社に預け入れる必要証拠金は、通貨ペアの現在レート、取引単位、最大レバレッジにより決まります。
  • 証拠金とは
  • 証拠金はいくらくらい必要なの? (必要最低証拠金)
  • 評価損失に注意しよう
  • 証拠金維持率が100%を下回った場合、どうなるのか?

証拠金とは

証拠金とは、FX取引を行うためにFX会社に預ける保証金(担保)のことです。FX(外国為替証拠金取引)は、FX会社に証拠金を預け入れることでレバレッジを利かせた為替取引が可能になります。

証拠金

証拠金はいくらくらい必要なの? (必要最低証拠金)

では、証拠金はいくらくらい必要になるのか見ていきましょう。

ドル円を1万通貨取引する場合

ドル円を1万通貨取引するために必要な最低証拠金は、以下のようになります。

最低証拠金(円) = 現在のドル円レート(円) × 10,000(通貨単位)
25(倍)

仮に現在のドル円レートが1ドル100円であった場合、ドル円を1万通貨取引するために必要な最低証拠金は100×10,000÷25=40,000(円)です。

25(倍)という数字は、国内の個人口座で掛けることができる最大レバレッジ25倍のことです。その取引口座で掛けられる最大レバレッジの大きさによって、必要となる最低証拠金は変わってくるということです。

各通貨ペアの必要最低証拠金は、FX会社の必要最低証拠金リストを見れば一目瞭然です。また必要最低証拠金は為替レートにより常に変動しているので、お知らせ等で定期的にアナウンスしてくれるFX会社も多いです。

評価損失に注意しよう

FXでは、為替レートの変動によって現在ポジション保有中の建玉に評価損失が発生することがあります。口座資金に余裕があれば多少の評価損失が発生しても問題ありませんが、FX会社に預け入れるべき必要最低証拠金を下回らないように注意してください。

証拠金

(評価損失の発生でFX口座資金の証拠金が足りなくなった状態)

FX口座には証拠金維持率というものがあります。証拠金維持率が100%を下回らない限りは、FX会社に預け入れるべき必要最低証拠金は足りているので大丈夫です。

証拠金維持率が100%を下回った場合、どうなるのか?

FX口座の証拠金維持率が100%を下回るという状態は、金融庁が定める必要最低額の証拠金をFX会社に預け入れることができていない状態を意味します。

この場合、FX会社が定めるロスカットルールに従ってポジションが強制決済されてしまうことがあります。