投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

合成通貨ペアについて (間接取引)

実体が不明瞭な合成通貨ペアでも、要所ではきちんと機能するのが面白い。
  • 合成通貨ペアとは?
  • 合成通貨ペアであっても、要所では機能する
  • あくまで参考程度に留めるべき

合成通貨ペアとは?

合成通貨ペアとは、その通貨ペアが直接取引されているのではなく、通貨ペアと通貨ペアの掛け合わせによって疑似的に取引される通貨ペアのこと。(間接取引)

言葉では分かりにくいので、ユーロ円(EUR/JPY)で考えていきましょう。

ユーロ円(EUR/JPY)は、ユーロ円という通貨ペアが実際に取引されているのではなく、ユーロドル(EUR/USD)とドル円(USD/JPY)との掛け合わせによって疑似的に取引されている合成通貨ペアです。

ユーロ円(EUR/JPY) = ユーロドル(EUR/USD)× ドル円(USD/JPY)

ドル円やユーロドルはドルストレートペアなので、日本国内外問わず普通に為替取引されています。一方、ユーロ円やポンド円などクロス円ペアは、海外で直接取引されることが少ないため、ドルストレートペアの掛け合わせによって疑似的に取引されている場合が多い。

つまるところ、海外ヘッジファンドなどはユーロ円チャートやポンド円チャートなんて見ちゃいない。

合成通貨ペアであっても、要所では機能する

では、ユーロ円チャートやポンド円チャートなどのクロス円ペア、その他ドルストレートではないクロスペアは見る価値がないかというと、そうでもない。たとえ合成通貨ペアであっても、要所ではきちんと機能するのがFXの面白いところである。

ユーロ円の高値更新阻止

ユーロ円の直近高値における攻防。何度も高値で跳ね返されているのが分かる。

豪円

豪円の安値買い支えと、レジスタンスライン(上値抵抗線)。

あくまで参考程度に留めるべき

ユーロ円などのクロス円ペアはFX初心者にも直感的に分かりやすいチャートを描くことが多いですが、それだけで為替相場全体を理解しようとすると必ず壁にぶち当たります。(かつての私がそうだった)

もっと本質的な値動きを知りたいのであれば、ドルストレート主体で為替相場を考える必要があります。無料でWeb上に書きたくない点なので抽象的になってしまいますが、クロス円ばかり取引しているといつまでも成長しないと思います。

(要するに、チャートのお絵かきだけでは勝てるようにはならない)

海外ヘッジファンドの意図を知りたきゃ、ドルストレート触っとけ。