投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

為替チャートを見るポイントは3つ! (簡単)

FX初心者向けに、為替チャートで確認するポイントを3つ紹介します。(基本的内容)
  • 実際の為替チャートを見てみよう!
  • 為替チャートを見るポイントは3つ

実際の為替チャートを見てみよう!

FXで見る為替チャートとはどんなものなのか? 実際に為替チャートを見てみましょう。

為替チャート

これはローソク足チャートと呼ばれるものです。横軸が時間軸、縦軸が価格軸(交換レート)を表しています。

ローソク足チャートの特徴は、均等な時間間隔で価格の推移を表している点にあります。横軸の時間間隔が一定間隔にプロットされているということです。このようなチャートプロット方式を、時系列チャートといいます。

ローソク足チャートは世界中の多くのトレーダーが見ている基本チャートになります。私もFX初心者の頃よりずっとローソク足チャートを見てFXを研究してきました。(ローソク足を極めれば十分)

為替チャートを見るポイントは3つ

為替チャートを見るポイントは3つあります。(FX初心者向けの基本的内容)

通貨ペア

通貨ペア

どの通貨ペアのチャートなのかを確認します。上チャートはドル円(USD/JPY)です。

時間軸

時間軸

ローソク足チャートの横軸が時間軸です。上チャートでは、4時間足というチャート足を選択しています。4時間足の場合、4時間ごとにローソク足が1本増えると考えてください。横軸の目盛が4時間間隔なのではなく、あくまでローソク足の増える頻度が4時間間隔という意味です。

価格軸

価格軸

ローソク足チャートの縦軸が価格軸です。ドル円相場の場合、ドル円チャートが上に上がればドル高円安、ドル円チャートが下に下がればドル安円高を示しています。よく為替ニュースで「1ドル120円の円安水準で推移」「1ドル80円の円高水準で推移」などのアナウンスを聞いたことがあるかと思いますが、まさにそれがドル円相場のことを指しています。

通貨ペアはドル円以外にもユーロ円、ポンド円、ユーロドルなどの通貨ペアがありますが、通貨ペアの方向性を機械的に覚えるならば「為替チャートが上方向に推移している場合、通貨ペア表記の先頭に来る通貨の価値が上がっている」と覚えるのが早いです。

(例1.ユーロ円チャートが上に上昇・・・ユーロの価値が円に対して上がっている)
(例2.ポンドドルチャートが上に上昇・・・ポンドの価値がドルに対して上がっている)

はじめは見慣れないと思いますが、2~3ヶ月もすればすぐに慣れるので大丈夫です!

(私は11年間も見てるなぁ・・・さすがに見飽きた)