投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

浮動株、浮動株比率とは

浮動株は市場で常に売買されているために流動性が高く、株主も頻繁に入れ替わっているのが特徴です。
  • 浮動株とは
  • 浮動株比率とは
  • 浮動株比率の調べ方

浮動株とは

浮動株とは、市場で常に売買されている流動性の高い株のことをいいます。

株式には、創業者一族・会社役員・金融機関など大株主が常時保有している特定株(固定株)と、市場で広く売買されている浮動株があります。特定株は大株主が常時保有しているために市場に出回りにくく、流動性も乏しいのが特徴です。一方、浮動株は市場で常に売買されているために流動性が高く、株主も頻繁に入れ替わっているのが特徴です。

私たち小口投資家が売買するのも浮動株です。(浮き株ともいう)

流通

浮動株比率とは

発行済株式総数の中で、浮動株が占める比率のこと。

浮動株比率が高い銘柄は流動性に富み、価格変動が緩やに推移する傾向にあります。(動かせる株が多いため、価格変動に素直に反応する)

特定株比率

一方、特定株の多い銘柄(特定株比率の高い銘柄)は、流動性に乏しいために価格が一気に変化する傾向にあります。(特定の大株主が売却するタイミングで値が大きく動く)

浮動株比率の調べ方

浮動株比率や特定株比率は、会社四季報に記載されているので簡単に確認することができます。

浮動株比率

会社四季報は本屋などで購入できるほか、ネット証券会社で口座開設すると無料で閲覧できます。(私も証券口座を利用して無料閲覧しています)