投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

これだけは押さえておきたい! 財務諸表の見かた

企業の経済活動は、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書の3つに集約されており、これらを一般に財務諸表と呼んでいます。
  • 財務諸表は「会社の家計簿」
  • 財務諸表の種類は3つ

財務諸表は「会社の家計簿」

本当にその企業に投資しても良いかどうかを判断する企業分析は、財務諸表の数値を見て判断します。財務諸表には会社の資産・負債・純資産・収益・利益といった情報が記されているため、財務諸表は「会社の家計簿」ともいわれています。

貸借対照表

貸借対照表

財務諸表の種類は3つ

企業の経済活動は、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書の3つに集約されており、これらを一般に財務諸表と呼んでいます。

  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • キャッシュフロー計算書
貸借対照表 企業の財政状態が分かる一覧表のこと。現在資産はどれだけあって、どれだけの負債(借金)があるのかを一覧表にまとめたもので、バランスシートとも呼ばれています。
損益計算書 企業の経営成績を明らかにした報告書のこと。一定の期間(1年、半年、四半期)でこれだけ儲かりましたよ、という成果が分かる。
キャッシュフロー計算書 会社のお金がどのように流れたのかを表すもの。

貸借対照表、損益計算書なんかは簿記でもお馴染みの表ですね。

企業分析は一般に、これら財務諸表を用いて行われます。財務諸表は、投資・資金提供する私たちが当然の知る権利として企業側に開示義務があります財務諸表は、各上場企業HPの「企業情報」「IR情報」などから確認することができます。上場企業は年4回の決算を行っており、財務諸表は「決算短信」とよばれる報告書の中で確認することができます。

財務諸表の中でも特に損益計算書に書かれている業績情報が一番大切です。キャッシュフロー計算書には作成義務がないようなので、企業によってはキャッシュフロー計算書を確認できないところもあります。