投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

決算短信はどこをチェックすればいいの? (決算短信の見かた)

企業の決算短信が配信されたら、まずは1ページ目にある「当期の業績結果」と「通期の業績予想」に目を通すようにしましょう。
  • 会社の業績が記されている決算短信
  • 決算短信の内容
  • 株価に影響を与える部分が最重要
  • 財務諸表の見かた

会社の業績が記されている決算短信

上場企業は年4回の決算を行っており、それぞれ「決算短信」として一般投資家に開示しています。決算の回数は株式会社によって異なりますが、上場企業は年4回の決算を行うことが上場基準で定められているようです。

IR情報

決算短信の内容

決算短信に記されている内容は、主に以下の項目になります。

  • 当期の業績結果
  • 配当の状況
  • 通期の業績予想 (年間の業績予想)
  • 経営成績に関する説明など
  • 財務諸表(貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書)

株価に影響を与える部分が最重要

株価に影響を与える要因は「儲かっているのか」「損しているのか」なので、当然「当期の業績結果」が最重要項目となります。当期の業績結果については投資家が一番知りたい情報なので、決算短信の1ページ目に表記されています。

決算短信

① 当期の業績結果(経営成績)

「経営成績」という項目に、売上高・営業利益・経常利益・当期純利益が記されており、当期の業績が増益だったのか減益・赤字だったのかが一目で分かるようになっています。最終的な企業利益を表すものは「当期純利益」ですが、この中で一番大事なのは本業の儲けである「営業利益」です。当期純利益は不動産などの資産売却益によって黒字にすることもできるため、その企業の業績が本当に伸びているかどうかを知るには本業の利益である営業利益の変化を確認する必要があります

売上高 企業本来の営業活動(本業)によって得られた収益。
営業利益 売上高から原価や販売費などを差し引いて得られた利益。(本業で得た儲け)
経常利益 企業本来の営業活動のほか、財務活動を含めた企業全体の利益。(本業+本業以外の儲け)
当期純利益
(税引き後)
当期における最終的な利益(純利益)。基本的に当期純利益は、法人税が引かれた税引き後の利益を指します。

② 通期の業績予想(年間予想)

次に確認しておきたい項目が、通期の業績予想(年間予想)です。ここには会社が予測する業績予想が記載されています。ここの予測数値が上方修正されれば株価好感材料に、逆に下方修正されるようであれば株価下落要因にもなり得る重要な情報になります。

企業の決算短信が配信されたら、まずは1ページ目にある「当期の業績結果」と「通期の業績予想」に目を通すようにしましょう。いつ決算短信が配信されるかは正確には分かりませんが、決算日から45日以内に発表するというおおよその基準があります。

財務諸表の見かた

決算短信には財務諸表(貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書)も記載されています。これらの情報も企業の経営状態を知る大切な情報なので、少しずつ理解できるようになりましょう。(私も勉強中です)

1. はじめに知っておきたいこと
サムネ画像 決算短信はどこをチェックすればいいの? (決算短信の見かた)