投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

キャッシュフロー計算書の見かた (株式投資初心者向け)

キャッシュフロー計算書を見れば、企業がお金をどのように使って、また収支はどうであったのかを知ることができます。
  • キャッシュフロー計算書とは
  • キャッシュフロー計算書の見かた

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書とは、一定期間における現金(および現金同等物)の増減を示したもので、企業が保有・使用した現金やその質を把握する目的で作成されます。ここでいう現金同等物とは、容易に換金ができ、かつ価格変動リスクの極めて少ない短期投資などを指します。価格変動リスクの大きい株式などはこれに含まれません。

キャッシュフロー計算書は、会社のお金をどのように使ったのかが分かる書類ということです。

キャッシュフロー計算書も他の財務諸表と同様、企業の決算短信で確認することができますが、キャッシュフロー計算書には作成義務がないようなので、決算短信にキャッシュフロー計算書を載せない企業も多くあります。

キャッシュフロー計算書の見かた

損益計算書に似ていますが、現金の流入先・流出先・残高などが分かるようにまとめられているのが特徴です。

資金の表示区分

キャッシュフロー計算書は以下の3つの区分を設けることが義務付けられています。

営業活動によるキャッシュフロー 本業の営業活動によって生じた資金の流れ。商品の仕入れによる支出や、商品を販売したことによる収入など。
投資活動によるキャッシュフロー 営業活動以外の活動によって生じた資金の流れ。固定資産・有価証券の取得による支出や、それらの売却による収入など。
財務活動によるキャッシュフロー 借入金の返済による支出や、借入金による収入など、本業および投資活動を行うための資金を調達する過程で生じた資金の流れ。

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書 キャッシュフロー計算書2

細かな項目名については会計や簿記の知識が必要ですが、各区分の収支については上記の場所を確認すれば一目で分かります。私も基本的にそこしか確認していません。これ見ても具体的に何に投資したのかとかは記されていないので、お金の大まかな流れが確認できればOKだと思います。