投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

ローソク足の種類と見かた (基本)

ローソク足の始値よりも終値が高ければ赤色(陽線)、ローソク足の始値よりも終値が安ければ青色(陰線)で表示されます。(配色はチャートデザインにより異なる)
  • ローソク足チャート
  • ローソク足の時間間隔
  • ローソク足の見かた (基本)
  • 陽線と陰線
  • ローソク足の形状とその名称

ローソク足チャート

私たちがよく目にする株価チャートは、ローソク足チャートと呼ばれるものです。

日経平均株価

株価チャートの種類にはローソク足、平均足、ラインチャート、バーチャートなどいくつかありますが、基本的かつ汎用性の高いチャートがローソク足チャートになります。(※私もローソク足を使用しています)

ローソク足の時間間隔

ローソク足が刻まれる時間間隔に応じて、60分足、4時間足、日足、週足、月足などの種類があります。

日経平均株価

ここでは日足を例にして話を進めていきたいと思います。

ローソク足の見かた (基本)

ローソク足は、始値・高値・安値・終値の4つから構成されています。

ローソク足

ローソク足を1日単位で刻んでいく「日足(ひあし)」の場合では、始値・高値・安値・終値の意味は以下のようになります。

始値
(はじめね)
その日の最初に取引された値段
高値
(たかね)
その日の取引された値段の中で一番高い値段
安値
(やすね)
その日の取引された値段の中で一番安い値段
終値
(おわりね)
その日の最後に取引された値段

これらの示す値段は、ローソク足が刻まれる時間間隔に応じて変化していきます。例えば60分間刻みの「60分足」の場合では、始値は60分間の中で最初の値段、というような具合です。

陽線と陰線

ローソク足の始値よりも終値が高ければ赤色(陽線)、ローソク足の始値よりも終値が安ければ青色(陰線)で表示されます。(配色はチャートデザインにより異なる)

ローソク足の名称

株価が上がり続ければ赤色(陽線)が連続し、株価が下がり続ければ青色(陰線)が連続するため、株価推移を色でイメージして捉えることができます

日経平均株価 陽線と陰線

ローソク足の形状とその名称

ローソク足にはいくつかの形状が存在し、またそれらには名称があります。