投資でお金を増やすマン
投資に興味がある初心者向け投資入門サイト

貸借対照表の見かた (株式投資初心者向け)

要するに貸借対照表は、会社のお金をどうやって集めて、それをどのように運用したのかを明らかにしたものになります。
  • 貸借対照表とは
  • 難しい部分は覚えなくてもいい
  • 凡例 自己資本比率の計算

貸借対照表とは

貸借対照表とは、企業の一定時点における財務状況を一覧表にまとめたものです。

貸借対照表

会社のもつ全ての資産、負債、純資産が分かりやすくまとめられており、バランスシートとも呼ばれています。会計簿記を勉強したことのある人は知っていると思いますが、貸借対照表は「借方」「貸方」という名称で左右に分類されており、借方と貸方の合計金額は同じになるようになっています。

貸借対照表

貸借対照表

上場企業には貸借対照表などの財務諸表を開示する義務があるので、企業は必ず財務諸表を作成しています。上場企業は年2回ないし4回の決算を行っており、財務諸表は「決算短信」という報告書の中にあります。決算短信は企業ホームページ内のIR情報(投資家情報)などで確認することができると思います。

難しい部分は覚えなくてもいい

貸借対照表の項目には、「流動資産」だの「たな卸資産」だの細かく分類されていますが、これら全ての言葉を理解する必要はありません。

貸借対照表
  • 株式投資初心者の方は、まず貸借対照表が資産の部(借方)と負債および純資の部(貸方)に分かれていることから理解しましょう。
  • また借方は総資産を表しており、調達した資金をどのように使ったのかが分かるようになっています。現金や売掛金などの当座資産、土地や建物などの有形固定資産、特許権などの無形固定資産がこれに分類されます。
  • 一方貸方は総資本を表しており、どのように資金を調達したのかを知ることができます。負債の部には借入金などの借金が、純資産の部には資本金や自己株式などがそれぞれ分類されます。
  • 借方と貸方の合計金額は等しく釣り合うようになっています。(※総資産=総資本

要するに貸借対照表は、会社のお金をどうやって集めて、それをどのように運用したのかを明らかにしたものになります。貸借対照表を見れば、負債がどれだけあって、どのようなお金の使われ方がされたのかを詳しく知ることができます。

初心者の方はまず、これが理解できればOKです。
ゆっくり行きましょう!

凡例 自己資本比率の計算

貸借対照表を使った自己資本比率の計算方法。貸借対照表をイメージするのに分かりやすいかと思います。

自己資本比率 自己資本比率の計算方法